• clinic94

第8章 その他の、代表的な質問

肥満が改善すれば、維持できますか? 

最近、そういう質問をいただくことが増えました。

肥満は、肥満の悪循環というサイクルがあります。

肥満する −> 運動不足 −>自宅にいる時間が長くなる −>間食が増える。

あるいは、

肥満する −> 高インスリン血症が起こる −>インスリンによる反動性低血糖がおこりやすくなる −>低血糖を補うために、間食をする ーー>さらに肥満になる。

他にも

肥満する  −> 周囲から、見下げられる −>うつになる −>やけっぱちになる −>また、やけ食いをする −>さらに肥満する

肥満する  −> 身体が重い −>外出したくなくなる −>運動が嫌いになる −>運動不足になる −> さらに肥満する。

などなど、肥満に関係した因子が、肥満の要因、つまり、原因因子につながる時には、「肥満の悪循環」が起こります。

ですから、「肥満」自体が改善すれば、その肥満の悪循環を断ち切ることになり、やせた体型を維持できるということは多いものです。

特に、GLP1は、膵臓からのインスリン分泌を促し、一見、高インスリン血症に繋がりやすいようですが、ところが、GLP1は、小腸下部に食物がある時しか、分泌されません。それ以外で、空腹の時には、GLP1は、食欲抑制ホルモンとして作用します。

そして、例えば、ビクトーザを注射すれば、食欲がおちて、食事量が減りますから、食事によって誘発されるインスリン分泌は、ビクトーザを注射していなかった時より、増えるとはいえないわけです。これによって、食事を食べていない時間帯でも、インスリン濃度を高く維持する必要がなくなり、自然に、低血糖にもなりにくく、おちついた環境が作れます。

おそらく、そのためでしょうか? GLP1受容体作動薬では、副交感神経が活動し、交換神経は低下すると、されているのです。

ビクトーザを注射して、以前より、メンタル面の落ち込みがなくなった、そういうことは、よく経験しますが、薬物学的な作用によって、明らかに、肥満の悪循環がとれるというのは、様々な分野から証明されていることだろうと、考えています。

結論として、「肥満」は、「肥満の悪循環さへ解決できるようになれば」、その後は、それ(非肥満の状態)を維持できるはず、ということになります。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トップフォロワーが医療関係者達

https://twitter.com/drsuzuki006 私のTwitterの、フォロワーのトップが、「ケアネット」(公式サイト)。医療関係者が集まる専門サイトです。つまり、医療関係者にフォローされている人にフォローされている? という事は、医療関係者の関心が高い内容を情報発信しているという事になるのでしょう。 当院のGLP1ダイエット外来を訪れるのは、ナース、女性医師、保健師、薬剤師、介護

食欲が低下しすぎて嫌、低下しすぎて良い薬!

未来の抗肥満薬のお話をします。既に、臨床試験には入っていて、糖尿病専門医の最先端の医師達は、処方経験がある薬剤です。もちろん、私も処方経験があります。ですが、どの新薬なのかは、公開はできません。 その新薬を投薬すると、2つの反応に分かれます。それが、 食欲が低下しすぎて嫌。続けたくない。  という方々と、 食欲が低下してちょうど良い。体重も減ってくるのでありがたい。 という方々です。 もちろん、後

18日から28日まで、年末限定! AGA.sale

男性型脱毛症(AGA)の治療薬、フィナステリドを、サクセンダと同時に購入の方のみ、超格安価格で、お届けいたします。価格表は以下のサイトをご覧ください。 AGA 男性 脱毛 HDC アトラス クリニック 千代田区 予防 最安値 https://www.aga.sale/ 他のサイトで購入される場合の、半額以下になっていると考えます。ただし、既に、フィナステリドを服用されている方に限定させていただきま