• clinic94

SGLT2阻害剤-体重: パラドックス

糖尿病の先端治療薬、SGLT2阻害剤は、すごく、よい薬剤です。

ただし、baselineのHbA1cが、7%以上でないと効きにくくなります。もともと、HbA1cが7%以上であれば、血糖コントロールも改善し体重も減るという薬剤ですが、実際、これが6%台になってくると、とたんに血糖コントロールには寄与するけれど、体重は止まる患者さんたちが、増えてきます。

機序は単純で、血糖コントロールがよいので、尿糖がでることは、1日約 −400kcal 分のエネルギー排出だけの価値になり、それが、単なる食欲中枢にフィードバックし、ただの「腹がへる薬」にしか、ならないことが、多々、あるからです。

ですから、SGLT2阻害剤を始めたほうが、体重が増えたという患者さんも少なくはありません。特にお酒を飲む人は要注意です。喉が渇く分、お酒をおいしく感じてしまうことがよく、あります。

ちなみに、昔、懐かしい笑い話があります。

SGLT2阻害剤が発売された時、東京で、まっさきに、SGLT2阻害剤(その当時、最初に発売された商品はスーグラという薬剤でした。)を大量に購入したのは、銀座の美容外科医だったと聞いています。

1日エネルギーが400キロ排泄される=(イコール) 痩せる、と単純に思い込んだからでしょう。きっと、その医師は後悔したことでしょう。人には、必ず、フィードバック機構がある、ということを、知らなかったためだからです。

このようにエネルギー代謝のことを理解していない医師において、GLP1ダイエットの相談をされることはお薦めしません。GLP1について処方経験が多い糖尿病専門医のもとで、GLP1ダイエットを、お受けください。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トップフォロワーが医療関係者達

https://twitter.com/drsuzuki006 私のTwitterの、フォロワーのトップが、「ケアネット」(公式サイト)。医療関係者が集まる専門サイトです。つまり、医療関係者にフォローされている人にフォローされている? という事は、医療関係者の関心が高い内容を情報発信しているという事になるのでしょう。 当院のGLP1ダイエット外来を訪れるのは、ナース、女性医師、保健師、薬剤師、介護

食欲が低下しすぎて嫌、低下しすぎて良い薬!

未来の抗肥満薬のお話をします。既に、臨床試験には入っていて、糖尿病専門医の最先端の医師達は、処方経験がある薬剤です。もちろん、私も処方経験があります。ですが、どの新薬なのかは、公開はできません。 その新薬を投薬すると、2つの反応に分かれます。それが、 食欲が低下しすぎて嫌。続けたくない。  という方々と、 食欲が低下してちょうど良い。体重も減ってくるのでありがたい。 という方々です。 もちろん、後

18日から28日まで、年末限定! AGA.sale

男性型脱毛症(AGA)の治療薬、フィナステリドを、サクセンダと同時に購入の方のみ、超格安価格で、お届けいたします。価格表は以下のサイトをご覧ください。 AGA 男性 脱毛 HDC アトラス クリニック 千代田区 予防 最安値 https://www.aga.sale/ 他のサイトで購入される場合の、半額以下になっていると考えます。ただし、既に、フィナステリドを服用されている方に限定させていただきま