• clinic94

今度は、「糖尿病患者さん向け」の「減量治療」

ひさしぶりに、プールにいったら、まだ、筋肉が残ってました。 花粉シーズンは、こもっていたので、落ちてしまったとばかり、思ってましたが。

終わったら、案の定、蛋白質が食べたくなったし、 元の食生活を思い出しました。

GLP1ダイエットを辞めると、リバウンドしますか? と 質問されることが多いのですが、GWにはいる前から、 ゼニカルやビクトーザはやめてましたし(だって海外では食べたいですものね) 、そして、海外旅行にいったので(でも、カロリーは注意してました)、 数日、休んでましたし、ごろごろしてましたし、 運動は花粉のシーズン、してませんでしたが、

だが、、 身体は覚えてました。「以前の習慣を」です。

なので、本当に、リバウンドしにくい、、と思います。

ダイエットしている時に、つらい、とは思わなかったからかもしれません。 つらい、と思ったのは「停滞期」の時だったですし、 こんなに努力しているのに、体重が1グラムも落ちないなんて、、 と思った時が、つらかった時で、きわめて、メンタルな辛さでした。

身体は疲れてはいなかったし、空腹感に苛まれたという記憶もないので、 それが、よかったのかもしれません。

The End 、の後は、次は、GLP1.dietのサイト創りをします。 こちらは、完全に、「糖尿病をもつ患者さん向けのサイト」ということで、 糖尿病専門医でなければ、できない内容だらけ、ですし、 糖尿病を知らなければ、意味がわからない内容だらけ、になるかもしれません。

GWの前には、構想は練っていたのでしたが、海外にいっている間に、 白紙になってしまっていました。うっかりしてました。

なんとか、頑張ります。

糖尿病をもっておられる方がおりましたら、期待していただいて、大丈夫です。 一生懸命、創りますので。。

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食