• clinic94

Doctor's Doctor  乗り換え Dr

医療業界には、こういう用語があります。


医師がかかりたくなる医師、という意味です。

専門家ほどその医師の診療の真の価値がわかり、その医師から診察をうけたくなるという概念を表現したものです。


私の糖尿病外来にも、患者さんとして、内科医師や、他の分野の医師が多いし、ナースも多いし、なぜか、昔から、医療関係者が、すごく多いのが、糖尿病外来の特徴でした。


私の、「糖尿病外来の傾向」、、と、似ている現象が、GLP1ダイエット診療にも、おこっていて、興味深い、、と思います。


このアカデミックレベルの内容で、文章を書いていると、同業者しか、わからないような用語や、言い回しをしているせいなのかもしれません。


なぜか、GLP1ダイエット外来の受診者の方々は、医療関係者や、その関係者とか、あるいは、医療現場に近い人たちや、医療現場の真実や、臨床の価値を理解してもらえる方がた、、などが、急激に増えてきました。


他にも、類似の傾向がみうけられて、

医療関係者でなくても、GLP1のことは、よく知っているとか、既に、治療を他でうけたことがある、という受診者の方も、増えてきてますし、乗り換えの方も、増えています。

実は、これも、糖尿病外来では、よくあることで、他院から私の外来へと来られるかたが多いのでした。ですので、GLP1ダイエット外来そのものが、

リアルの糖尿病外来と同じ傾向になってきました。


糖尿病の治療手段として、各種のインスリン治療をうけていたり、他剤では効果がない治療を継続していたり、特に頻回のインスリン治療からの切り替えなども、同じ傾向でした。そういえば。。


ですので、、なおさら、、

いわぶっちゃんにも、がんばってもらっいます。

多少、academic levelを、一般向けに、、してください、、 (できれば、中学生高学年でも、楽しんで読めるレベル)

と、医師とナースが、協力しあっているのも、そのためです。


>いわぶっちゃんへ

がんばってください。同じような内容でも、わかりやすく、やさしく、解説してもらえれば助かります。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食