• clinic94

サクセンダ3日目、Plus (今、診療中の皆様へ)。

サクセンダを注射して、なぜ、日々の変化を観察しているかというと、理由があります。


薬物動態学的に、経時的な変化を、自覚症状と照合してみる検討が必要であるからです。


例えば、トルリシティ(GLP1の1週間製剤、イーライリリー社)は、1週間目ではなく、5週間目くらいに、薬物学的な血液中GLP1濃度が、最高になるように設計されている薬剤です。ですが、気分不快は、1週間目から、自覚しやすく、そのため、処方も、慎重です。メトフォルミンとの相性が悪いケースと、問題ないケースとで、大きく処方のコツが変わります。


ビデュリオン(GLP1の1週間製剤、AZT社)にいたっては、5週間目から効き目は感じても、実際に、最高血中濃度に、到達して、そこからHbA1cがさがるまでには、8週から12週間、待たなくてはいけません。待たなくてはいけないことを、最初から、指導法にいれておかないと、上手な処方はできません。もともと、メトフォルミンとの併用が、on dutyだったりしますので、かなり、臨床的な処方には、Tipsが必要です。その意味では、これまで、日本で処方されたビデュリオンの処方数は、他は少なく、私が、発売当初から、日本でトップとアストラゼネカ社からは、聞いています。


このように、GLP1注射製剤には、製剤ごとに、特徴があり、糖尿病専門医は、それらを、処方して、特徴だけをいかせる技をもっています。


バイエッタ(GLP1注射製剤の、1日製剤)は、なぜ、昼、注射しなくていいのか、も、きちんと、知っておく必要があります。


特に、

1週間製剤は、このように、長いのですが、サクセンダのような1日製剤でありつつ、かつ、高用量製剤になると、より、薬物動態をしっておく必要があります。

詳しい解説は、オンライン診察をうけてくださっている方か、 対面診察で、診察をうけてくださっている方に限定で、 ご説明します。


この説明には、ちょっと時間がかかるかもしれないので、 あらかじめ、ご了承ください。

最新記事

すべて表示

スライディングボードエクササイズ

180cm 230cm 2サイズがあります。 通常は、180cmで、十分だと思います。 230cmができる人が身長が高い人、体格が大きい人、アスリートを目ざす人だけのようです。 シューズカバーが、ありますが、あえて、靴をはかないで、素足でも、できます。 持ち運びやすい 場所をとる時だけとるけど、しまいやすい、です。 外来の患者さんたちに、コロナ禍で、御薦めできるツールのひとつです。

GLP1効果が継続している時の、秋の心境とは

食べる気がしない。 食べなくてはいけない、というきにはならない。 でも、食べ始めると食べてしまう。 結構、入る。食べちゃう。 以前と同じ量は食べられてしまう。 お腹いっぱいには、なったという感じには、ならないが、満足感はある。 ちょっとだけ食べてもいいかな、という感じ。 でも、これだと食べてしまう。 ここで、食事の回数を減らそうと思った人はやせることができる。 回数を減らさなければ、痩せない。 G

インナーマッスルは、ダイエット向きではない!

肩や腰がいたくて、インナーマッスル治療をうける方たちがいます。 電気で、筋肉を強制的に振動させるのですから、その筋肉周囲の血流はよくなり、気持ちがよくなることもあるかもしれません。 確かに、インナーマッスルの治療をうけた後、 インナーマッスルの器具を購入し、自宅で治療をした後、 腰痛が軽くなった、などという患者さんは存在します。 ですが、「筋肉が振動しただけ」では、ダイエット効果になるはずがありま