• clinic94

糖尿病治療革命。糖尿病 vs 肥満 どっちを先に治す?

従来の肥満糖尿病の治療では、まず、内服薬から開始。それが効果なければ、注射というのが普通でした。


ところが、「抗肥満薬治療」ができるとなれば、その「順番を逆に」という発想のほうが、理にかなう、ことになります。


なぜならば、より上流にある「原因」をとめたほうが、下流にある「結果」を、抑止できるからです。


肥満と、糖尿病とで、どちらが、上流なのか、下流なのかは、議論があるところです。


糖尿病の臨床を知らない医師、非専門医に通院していると、糖尿病があるから肥満を創ってしまっている、ということは、かつては、よく見られました。特に、頻回インスリン療法を主として行っている医療施設では、そうでした。インスリン治療が原則だからといって、どんどん肥満にして、妊娠しにくくなり、私の外来に転院されて、それで、妊娠ができた、という方も、たくさん、おられます。


また、糖尿病専門医が、あえて、「肥満」を創るのは、決して、難しいことではありません。インスリンは、元気ジュースといって、元巨人軍のビルガリクソンは、話をしてました。糖尿病のプロの医師からみれば、きわめて簡単な処方だったりします。


私の外来には、お相撲さんが何人もこられますが、太って力をつける治療をします。結果、勝ち星が増えます。つまり、この場合には、上流が「糖尿病」であって、下流が「肥満」です。私の処方で「糖尿病治療」を利用して、「力強い肥満」を創ることができるからです。


今日のように、「場所」が終わると、たくさんのお相撲さんが来診されます。


ところが、一般の「肥満」をもつ方であれば、肥満があって糖尿病になっているわけですから、最も、上手な治療は、まず「肥満」をなくすことになるわけです。


肥満をなくすには、「抗肥満薬」が最初に処方して、悪いわけがありません。GLP1治療の場合には、たまたま、それが、サクセンダという1日1回の注射である、ということです。


それで痩せることができれば、サプリはもちろんのこと、糖尿病の高価な薬剤が不要になるわけですから、最終的には、どちらが、お得なのかは、治療をうけた人しか体験できない、判断できない、わけです。


こういう発想は、受診をうけられる方においては、人生における「道の選択」、ということになるはずなのです。


ですから、今後の糖尿病治療において、私たちが行っている「肥満治療」を優先にする、という考え方は、「新たな糖尿病治療の選択肢を提案する。」、あるいは「道導を提案する」という意味において、間違ってないと考えます。


世界においては、既にはじまってはいますが、日本においても、すぐに、「こうした発想法」に対して社会的認知度が高まっていくだろう、と、期待しています。


トランプ大統領が去っていくのをみて、「追い越してやる」、そう思うのは、こういう考え方が、主流となる日が、日本でも、必ずやってくると思うからなのです。

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食