• clinic94

ダイエットサイクル。参考にします。

このサイト、とても重要なことが、いくつか記載されています。やはり、ダイエットを始める時の心構え、停滞期、つまり体重が横ばい(プラトーと言います。)になってきた時の心構えがかいてあります。

いずれ翻訳しますので、お待ちください。


それにしても、やはり、初めて、リラグルチドを使う時には、特に慎重に、という表現がとても気になります。


ですから、サマーモニターキャンペーンは、本キャンペーン期間中に、リラグリチドにして、1日量で、2.4mgまで挑戦する勇気がある人、限定にしたいと思います。

全くの初診で、リラグルチドに対するアレルギーや、なんらかの副作用がある可能性がある方へ、2ヶ月処方、3ヶ月処方は無理と判断しました。


特に、初めて、リラグリチドを注射する時は、それ以前の問題です。まず、安全に注射できるかどうか、ですよね。


そのため、初診で受診されて、それで1ヶ月コースを、御希望されても、そうした方たちが、まんがいち、リラグリチドで副作用がでたら、無理があります。


明日、スタッフ全員と相談しつつ、「初診にかぎり、かつ、1度もビクトーザさへ注射した経験がない方については、安全性が担保できない可能性があるので、まずは、2ヶ月間は、ビクトーザで様子をみて、1.8mgまで増量できるかどうか。あるいは、1.5mgまで増量できるかどうか。」で、判断させていただきたいと考えます。


無理に、サクセンダにきりかえて、1日2.4mg、1日3mgと、注射していたら、あっというまに、注射液がなくなりますから。


対面診療、あるいは、オンライン診療で、安全性が担保されてきた段階で、患者様たちに、その情報を公開し、世間の非難や中傷をおそれない、、そういう立場にされそうです。

最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重