• clinic94

ADA速報。父の肥満や運動不足が子孫の異常につながる。

精子のDNAの、メチル化が、自閉症に影響します。


 Paternal sperm DNA methylation associated with early signs of autism risk in an autism-enriched cohort. 


父が肥満だと、73%、自閉症になる確率が、父が肥満でない場合と比べて、高くなるとのことです。

父が、トレーニングしている父と、していない父とでは、脳の発達geneに影響を及ぼすとのことでした。

父が肥満していると、geneのメチル regionsが、様々に異なることも証明されています。epigenetical variationが、より高まり、バリエーションが増えるということです。


これまで、GLP1ダイエットで、痩せることで、女性は、生理不順が改善するとか、妊娠しやすくなるということを、強調してきましたが、今度は、男性側、つまり、父親側にも、子孫における影響があるということがしめされました。


Gametic Epigenetics Consartisum against obesity という組織が、ノボノルディスク社の支援で、できあがっているとのことです。さすが、サクセンダを発売している製薬メーカーですね。女性だけでなく、男性側の、肥満の影響まで研究支援をしているとは、米国糖尿病学会にきて、初めて知りました。


さらに、 ダイエットだけでなく、胃を切除した後の父親の減量でも、精子の質を変えるとのことです。


ダイエットをして、食事制限をして運動を増やすと、精子が酸化ストレスに、さられにくくなって、遺伝子異常を起こしにくくなるとのことです。


GLP1ダイエットで、父親になる男性に、減量してもらうことは、役立つこととのことです。特に、娘の健康に影響を及ぼすとのことでした。


抗脂肪食をしていると、子孫が肥満になる確率が高まります(動物実験では)。ですから、GLP1ダイエットを始めて、脂肪が嫌いになれば、肥満でない子孫ができるのかもしれません。


これから生まれてくる娘さんのためにもダイエットしましょう、、そういう台詞が普通に、肥満している未婚の男性に、いえる時代になるかもしれません。


PS.

母が高脂肪食をとっていると、子孫はインスリン抵抗性が高まることも示されています。糖質制限ダイエットなどを行って、糖質を制限して、逆に、高脂肪の食事ばかりしていると、そうした母親の子供は、将来、糖尿病になりやすいかもしれません。

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食