• clinic94

抗肥満治療、総論。その3.

最後に紹介されたのが、GLP1製剤の、リラグリチド。


0.6mgずつ増量して最大3mgまで増量できるペンが、サクセンダ。 0.3mgづつ増量して最大1.8mgまで増量できるペンが、ビクトーザ。

中身は、同じですが、最大投与量だけが異なります。

糖尿病の海外の治療では、ビクトーザで血糖コントロールは十分ですが、体重の減少ともなると、さらなる増量が必要で、サクセンダ、が必要になる場合があります。


もちろん、成分は、同じリラグリチド、ですから、糖尿病の治療薬にもなります。がしかし、主たる目的を「減量」とした場合においては、3.0mgまでの増量が可能である薬剤と考えてよいでしょう。


血糖応答性にインスリンを分泌させ、グルカゴンを抑制しますから、低血糖を起こしません。胃排出速度をゆっくりにするため、食後の満腹感がまし、お腹がはる感じがおこります。かつ、中枢性作用も、最近になり証明され、食欲を抑制し、食物の摂取を抑えます。


思春期(12歳から17歳)におけるPK研究も、5週間、行われており、大人と同様な満足感や忍容性があることが証明されています。しかしながら、たった5週間だったため、体重の減少は、プラセボ群とは、統計的な有意差はつきませんでした。これをうけ、現在、12歳から17歳における思春期の対象群に対して、52週間のRCT(ランダマイズ、コントロール試験)を行っており、現在も、それが進行中です。


そして、以前にも、ご紹介しましたが、このリラグリチドと併用が勧められるのが、オルリスタット(ゼニカル)です。通常、ゼニカルは、油をとりすぎると、トイレにかけこんだり、失便したりして、継続できないものなのですが、リラグリチドを注射していると、日本人では、腹持ちが強くなり、油類をとりにくくなります。リラグリチドの副作用で多いのは、「便秘」です。ゼニカルは、脂肪便にすることで、その「便秘」の解消にもつながります。


ただし、「失便」を嫌う方にとっては、どうしても、ゼニカルは、受け入れがたいものがあることでしょう。将来、なにかしらの対策がでてくることを、期待しております。


また、こういう便秘などに苦しめられるようであれば、リラグリチドは1日1回の注射なので、翌日の注射量を、ぐいと減らしてみてください。翌日には解決していることでしょう。


このように、GLP1製剤は、副作用のことを考えると、1日ごとに、投与量を調整しても、かまわない、という点がメリットとも言えます。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食