• clinic94

GLP1の中枢性作用の強弱は、分子量による?

一般に、「分子量が小さいGLP1製剤」と、大きい「GLP1製剤」があります。


分子量が、小さいGLP1受容体作動薬は、


バイエッタ(エクセナチド) 4kDa リキスミア  5kDa リラグリチド (ビクトーザ、サクセンダ) 4kDa セマグルタイド  4kDa 

です。Daは、ダルトン、と呼びます。


これに対して、分子量が大きいGLP1受容体作動薬は、

トルリシティ ( Dulaglutide )は、60 kDa アルビグルチド は、73 kDa 

の二つです。


日本では、トルリシティが、体重が減りにくいGLP1製剤として知られています。(ちなみに、トルリシティを、体重が減る薬剤だと思って使用していた、という女性が、診察にこられたことを思い出して、あえて、ここで再度、否定してみます。日本で遣われているトルリシティの投与量では体重は減りません。)


こうやって、並べてみてみると、食欲中枢に強く作用するのは、分子量が小さいGLP1製剤のようです。


ここからは、岐阜大学大学院医学系研究科 分子構造学講座 内分泌代謝病態学分野の教授であられる、矢部大介先生の、推察になります。


矢部先生は、もしかしたら、分子量が小さいほうが、脳血管関門(Blood brain barrier )を通過して(?)、食欲中枢に、抑制シグナルを送りやすいのではないか、ということが、講演会で話しをされておりました。


脳の血管自体には、血管表面には、GLP1受容体作動薬の受容体が存在しない、ことは、広く知られています。であるならば、血管から、GLP1が脳内の組織にもれでるのか、それとも、そうでない機序があって、シグナル伝達を通じて、食欲抑制をするのか、するのか、は、本当のところ、糖尿病学者の中でも、解っていないことが沢山、あるのです。


ですから、糖尿病学者は、一概に、GLP1を「やせるホルモン」とは、単純には、呼びません。


あくまで、血糖値をさげるホルモンであり、かつ、なぜやせるかについては、おのおのGLP1製剤によって、作用機序が異なり、一概に、どれもが「やせるホルモンである」とは、言及できない、というのが、本当の学者的な発想だと思います。

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食