• clinic94

医師法違反をしている医師を見つけた医師は?

日本国で、もし、医師法違反をしている医師を、みつけたら、その医師は、管轄する厚生労働省に、その事実を、報告しなくてはいけないのでしょうか?


明日は、私のクリニックでは、人間ドックがあり、マスメディアの人たちが、受診されます。そういう賢人たちに、相談してみようか、と思いました。


また、知人でも、有名な法律事務所のパートナーがおります。彼にも相談してみたいと思います。


もし、そういう行動をしたことで、仮に、私たちに、返り血がかかっても、私は、かまいません。どうどうと、医師法を守っている自信がありますので。


もう、夜中の2時、寝なくてはいけない時間ですが、、

ふと、医師の正義、ということを考えます。


医師法違反をしている医師を、当局に知らせることで、日本国における、「抗肥満治療」が、誤った詐偽グループの手にかかり、世間から、信用をなくすことのほうが、怖いわけです。


知人には、著名な弁護士事務所のパートナーも、おります。

どうしたら、いいのでしょ?

黙って見過ごすほうがいいのか? 道連れになるのを、怖がるのか? そうでないか。。


明日、起きたら、「医師の正義」について、再度、深く考えてみたいと思います。


本来なら、被害にあった患者さんが通報するのでしょうけど、 ダイエット外来は、コンプレックスがある人が集まる場所です。


肥満という悩みがある、コンプレックスがある、受診者が、厚労省に通達するのは、勇気がいることですし、それができる人がいる確率としては、低いわけです。


「痩せないのは、本人たちが、努力していないからだ」と、そういう医師たちは、きっと、開き直るでしょうから。。


そこが、悪徳医師たちの、裏技というか、裏事情であり、狙いなのでしょう。


それを、正直に、当局に伝える義務が、医師として、あるのか、ないのか、放置しておけばよいのか、などなど、これから、法律の専門家に相談する機会が増えそうなきがしてます。


自由診療、て、確かに、難しい世界ですね。


その中で、限りなく、正義に近い方法で、医師法違反をしている医師を公けにしていくべきか、いや、それには、目をつぶって、放置しておくのがいいのか、

それこそ、医師法遵守は、どちらが正しいのか、を、弁護士と、相談してみたいと思うようになりました。


おやすみなさい。。


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食