• clinic94

糖質制限には嘘と、デメリットが多い。

インスタ用の文章


1.

糖質をとり血糖上昇、下降を繰り返しますが、それが過食のスパイラルを作るというのは素人の発想です。


2.

糖分の吸収を、ゆっくりにさせるαグルコシダーゼ阻害剤には、体重減少効果はありません。


3.

空腹時間を短くする必要性は、GLP1ダイエットでは、ほとんど必要ありません。サクセンダを注射するレベルになると、いつも満腹状態になれます。


4.

間食は、お菓子類などが多いでしょう。食物繊維やビタミンを気にして食べる人はいないはずです。


5.

間食まで、GI(グライセミックインデックス)を心配する必要はありません。GLP1ダイエットでは、サクセンダまで増量できれば、間食すら必要なくなります。


6.

バーンスタインダイエットは、血糖測定を頻繁に行い、単純糖質が急激に血糖をあげる、脂肪はゆっくり、を証明しただけのアメリカの医師です。彼は1型糖尿病であり、彼の理論は血糖値をさげるための理論。肥満のためではありません。


7.

現代は、フリースタイルリブレなどの測定器があり、バーンスタイン博士と同じ経験ができます。しかし、リブレをつけて血糖値はさがるものの、体重が減るという効果は、報告がないはずです。


8.

糖質制限をすると、ケトン体がでて、幸福感に満たされるますが一過性です。ラマダン、宗教儀式のダイエットが、どれも一過性なのはなのは、長く継続できないはずのダイエットだからです。


9.

糖質制限をすると、明らかにコレステロールが高くなり、死亡率が高くなるようです。


10.

糖質制限をすると、糖質以外は「食べ放題」と思い込み、かえって、太って、糖尿病が悪化して、来院される患者さんは少なくありません。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食