• clinic94

中国に旅行する場合の留意点

このブログは、原則、代表的なご質問に、お答えするために記載しております。


中国にもっていって大丈夫ですか? というご質問は、よくあります。以前にも、ブログで、そのご質問には、お答えしてきましたが、かなり以前のブログ記事なので、探すのが大変だと思いますし、古くなったので、改めて、模範回答を、お示しします。


==========================


HDC アトラスクリニック 院長としての模範回答


中国に、ビクトーザあるいはサクセンダをもちこむことは、通常、可能です。ただし、中国では、リラグルチドは、「抗肥満薬」としては、承認されておらない薬剤です。

もし、問われることがあれば、www.saxenda.com をみせて、この薬を注射してます、と説明してください。

http://www.saxenda.com


ブラザーが、クロムであれば、中国語に翻訳すると、翻訳されてでてきます。


什么是Saxenda ®? Saxenda ®是FDA批准的,处方可注射医学认为,具有低热量膳食计划使用,并增加体力活动时,可能会帮助一些成年人超重一个谁也有与体重相关的医疗问题(如高血压,高胆固醇,或2型糖尿病),或肥胖,b减肥和保持它。


という感じに、Google翻訳してくれます。


私(鈴木吉彦院長)はためしに、上海にもっていったことがありますが、手荷物にいれていって、まったく問題はありませんでした。


もし、聴かれたら、「 I am obese. I am self-injecting anti-obesity drug of liraglutiide 」と説明してください。


それでも追求されたら、「Liraglutide is approved as an anti-obesity drug as Saxenda. In Japan and in China, it is not officially approved as a general medication. However, in Japan, it is officially approved if the drug is prescribed by an expert medical doctor such as Suzuki Yoshiiko M.D. , if it is uncovered by insuralnce.」


さらに、もしそれでも、追求されたら、glp1.com か、glp1.diet のサイトをみせてみてください。残念ながら中国語はありません。


もし、iphoneでしたら、iryoo.com というアプリがあります。その中で、「中国」といれて検索すると、私の書籍が3冊でてきます。

その時は、[my home medical doctor has published  Chinese books like these. He is very popular not only in Japan but also in China.  」と説明してみてください。



























液体としては10ml 以下なので、どの糖尿病薬剤、抗肥満薬剤のペン型注射製剤も、飛行場でとりあげられたという話は、私の糖尿病専門医の経験の中で、つまり、糖尿病の臨床、抗肥満薬の臨床では聴いたことがありませんので、心配ないと思います。


あとは、中国の検索エンジン 百度で、「鈴木吉彦」とか、「東京 糖尿病」とか、の検索用語をいれると、私の書籍が、たくさん、表示されるということでした。あくまで、通訳の人から聞いた話ですが。私がこれまで出版した70冊近くの本が、翻訳されて販売されているのかもしれません。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食