• clinic94

移動するクリニック

当院の分院を作るのに、役所への届け出が必要です。ところが、アメリカ糖尿病学会で、興味あるシステムを観てきました。クリニックがバスになって移動するシステムです。似たような映画がありました。「シェフ」です。あの医療サービス版があったのです。


















The Wellness Bus: Closing the GAP in type 2 diabetes preventing and promoting population Health.  Marcus RL, et al. ADA 2019.


6ヶ月で501人の患者さんたちに、採血、教育、料理のデモができたとのことです。 確かに、アメリカでも移動式バスでの「医師の処方」はできないようです。


でも、教育はできます。情報提供もできます。

同じような事が、GLP1について、できないかと考えて作成したのが、Apple のiPhone, iPad用の、アプリです。


そして、恥ずかしながら、この中の動画を制作した時は、太ってました。今は、この時より14kg、減量ができています。


いろんな動画を制作する時には、そのタイミングが大事ですね。笑。



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食