• clinic94

1ヶ月1回、ナースの声を聞くだけで痩せる??

1ヶ月1回、26週まで、ダイエットナースと、電話連絡をとるだけで、痩せれるか?


こんなシンプルな研究が、アメリカ糖尿病学会2019(サンフランシスコ)で発表されました。


A Multifactorial Telemedical Care Model for Long-Term Treatment of Obesity - A Randomized Control Trial.  Martin Rohling, et al. ADA 2019, 2050-P. 


いわぶっちゃんと仲良くなって、いわぶっちゃんと1ヶ月に1回、電話相談をして、いろいろアドバイスをうける、

たったそれだけの研究です。


それを、しない人と、した人とで、どれくらい違いができるのでしょう? アメリカ糖尿病学会で発表されるには、あまりの、シンプルな結果でした。


別に、お互いに、体重のデータを見せ合うだけでもなく、血糖コントロールを相談するだけでもなく、ただただ、単に、「電話で相談する、おしゃべりする」、それだけのことを、やった人と、やらなかった人との、違いを調べたものでした。


結局、1ヶ月に1回、連絡した人は、体重が、−6.7kg、減量。 連絡しなかった人は、体重が、−6.1kg の減量。

統計的に有意差がありましたが、絶対値としては、600グラムだけの差でした。


実は、電話のほうが、お互いのことを、よく語り合えて、頑張ろうという意識ができます。アプリで、情報交換を文字情報で、やりとりするなんて非現実的です。


実は、医療情報については、「電話再診」という定義があって、電話でやりとりする以上の情報交換でなければ、しっかりした医療サービスとしては、認められません。


気まぐれに、LINEのようなSNSで、ため口を交換するのは、医療サービスとは、いえない、というルールがあります。電話再診料という保険診療請求ができるのですが、それでも、SNSのようなスマホの文字情報では、とても、不十分とされています。


ですから、電話で1ヶ月に1回、電話というのは、合理的な、やり方です。


特に、ダイエットが成功している間は、いわぶっちゃんと電話でも、SNSでも、相談する必要もない、、と考えるのが、普通でしょう。


この介入臨床試験の、アメリカの医療における本当の意義は、よく解りませんでした。


が、ひとつ、日本での医療として、言えるのは、

確実で成功する確率が高いダイエットであれば、サービス提供者と、受診者が、SNSでやりとりする必要もなく、それ以上の通信手段である、電話ですらも、必要性はなかろう、ということです。LINEは、さらに不要のはずなんです。



体重は減らなくなった時にだけ、あるいは、なにかしら困ったことがあった時だけ、オンデマンドで、ナースと相談したくなるでしょう。


反対に、

GLP1で、自然に、どんどん痩せる、苦労しないダイエットであれば、なおさら、ナースと相談する必然性は無いのが、普通です。


このシンプルな研究は、GLP1ダイエットのような確実な成績があるダイエットについては、細かい連絡をしあう同士は、頻繁な連絡が必要なし。という点を証明している研究のように、私には、思えました。


むしろ、内容が曖昧で、利用者に薬品名さへ隠している、多種のダイエット法ほど、利用者側に神秘性をもたせつつ、恐怖をあおり、そこから救済するという、医療機関への「従属性?」を、受診者に対して、作ろうとしているのかもしれません。


だから、どんな薬を使用するのですか・と問い合わせをして、答えない医療施設ほど、煩雑で、コストが高く、それでいながら、治療費は高くなるということ、にならざるをえないというのが、日本の実情であるようです。


ちょっと、話が難しくて、すみません。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食