• clinic94

何か、違う。。。

このブログで、GLP1ダイエット外来の正しい治療法や、代表的な質問に対する回答、医療従事者としての考え方、世界の最新知識を、公開してきたつもりです。


そのためか、各地で、糖尿病専門医や、美容皮膚科医が、自由診療枠で、あるいは、 混合診療で、GLP1ダイエットを、開き始めています。

(東京では絶対にできないのに、地方では混合診療ができているみたいで、それは、すごく驚きでした。)


でも、その横に、「にんにく注射」とか、が、標榜しています。 「プラセンタ」とかも。。 価格も、私のクリニックと、全く同じクリニックがあったり。

ちょっと笑えますけど。でも、美容系の先生たちの、目安になっているようです。

でも、なんか、違うんですよね。笑。


もともと、糖尿病治療の腕を磨きたい、という後輩がでてきてくれないかな、という点でしょうか。。。 本来の糖尿病の治療が巧いから、GLP1外来もできる、そんな雰囲気がある医師と、コラボしてみたいです。


今日、後輩が、ひとり大学の後輩を紹介してくれました。 慶應大学時代の後輩です。

彼に伝授すれば、もうひとつ、クリニックを創れます。

もうひとつクリニックができれば、自由診療枠としての診察時間を増やすことができます。

でも、開業医になってよかった、と思ってます。もともと花粉症がひどく、アレルギー体質なので、病院では動物実験ができなかったので、開業医を選択したわけですし。今年も、なんとか、乗り越えられましたから。


そして、

大学や病院に勤務していたら、こんな自由なことはできなかったでしたから。



4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食