• clinic94

謎の、内臓脂肪ダイエット(1)

2019年7月8日号のAERAには、

内臓脂肪ダイエット、薬より効いた

というタイトルの表紙がありました。中を読んでみると、単なる食事制限で、やせて、田内臓脂肪を減らせば、身体によいことがある、、それだけの内容。


出生児2500g未満の低出生体重児は、将来、メタボになりやすい、というのも、昔から言われていた話題で。2017年には、9.4%と低出生体重児が増えているので、問題。妊娠前には、痩せすぎないほうがよい、とのこと。特にBMIが18.5未満のやせた女性は、20歳台で22%と、30歳台で13%と、30年前と比較して倍になっているとのことです。


妊娠中に十分を取らないと、子供が少エネ状態になり、脂肪が付きやすくなるとあります。ですから、妊娠前は痩せていても、妊娠したら積極的に栄養をとったほうが、望ましいという結論になるのでしょう。


ダイエット外来をしていると、「出産後に太ってしまって、その後、やせにくくなった」という女性の方が多いのですが、それは、子供さんにとっては、むしろ、よいことなのかもしれません。


ただ、この話題は、「内臓脂肪ダイエット」とは、全く関係ないことです。



最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重