• clinic94

-17kgの減量、実はできます。

-17kgの減量ができたのは、いわぶっちゃんだけではありません。


私の糖尿病外来では、そうした10kgを超える減量に成功するケースが多数あります。


特に、女性で、やせたことにより、妊娠ができ、子供をさずかれたという方も多いです。


ただ、その場合、GLP1受容体作動薬はビクトーザだとは限りません。

より、強力なバイエッタなどを組み合わせ、 メトフォルミンを増量し、 お腹が空かない状態が継続できるのであれば、SGLT2阻害剤を処方します。


いずれも、「糖尿病があっても」痩せるという科学的根拠がある薬剤です。



最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重