• clinic94

GLP1製剤と膵炎との因果関係

「GLP-1受容体作動薬、つまり、GLP1製剤を注射すると、膵炎になるのでは?」、というご心配をされる場合があります。これについては、GLP1が、体重が減ることと関連しているのでは、という推察が主たる仮説だと考えています。


GLP1注射体重が減る ↓ 胆石ができる ↓ 胆石が胆管に落ちる ↓ たまたま、膵管に胆石が詰まる ↓ 膵管にバックプレッシャーがかかる ↓ 膵炎になる


この連鎖が全ておこったら、膵炎になるかもしれません。ですが、まず、あくまで体重が減ったら、起こる現象であることが大事です。

体重が減れば、胆石がおこりやすいことは、GLP1製剤に限ったことではありません。本物の「抗肥満治療」ほど、胆石が起こりやすくなります。

たとえば、ゼニカルでも、胆石の頻度は高くなります(以前、ブログで公開しました)。

https://www.glp1.online/post/_0035

GLP1注射製剤で、胆石がおこる確率は2%程度です。ですから、そこから、上記のプロセスを経て、膵炎が起こるまでの確率は、かなり、それよりもはるかに少ないだろう、と推察することができます。


結論として、「GLP1ダイエットで膵炎を心配する必要は、ほとんどない」、ということになります。


このダイエット、やばいダイエット! キケンなダイエット!では、ありません。



最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食