• clinic94

GLP1との出会いは、9.11

2001年9月8日から、欧州糖尿病学会が英国のグラスゴーでありました。その時、学会場のスクリーンに戦争映画が映されました。何がおこったら、わからないまま、しかたなく予定していた講演会の聴講をとりさげ、別の講演会へと移動しました。


その会場で、大きなスクリーンに映し出されていたのが、「アメリカドクトカゲ」の写真でした。それが、GLP1との初めての出会いです。今から18年前の事になります。


その後、ジョンエングという内分泌代謝の専門医が、アメリカオオトカゲの唾液の成分に、インクレチンと似た構造の物質があることを発見しました。それが、エクセディン4、今の商品名、「バイエッタ」です。


あれから、なんと18年、GLP1は、糖尿病世界では中心的な話題となり、糖尿病治療薬として進化してきました。


ここ最近になって、急に、それが「抗肥満薬」になるとは、当時の誰もが予想しておりませんでした。


ビクトーザの治験にも、日本での第3相試験には、最初に参加しましたし、歴史は長いです。


アメリカオオトカゲが、なぜ、1ヶ月も2か月も、口に何もいれなくてもお腹が空かないのか、、、そういう単純な発想から、この研究は始まったと聞いています。


初心にもどって、「シリーズ2」からは、GLP1の歴史なども交えて、楽しく、解説していきたいと思います。














最新記事

すべて表示

スライディングボードエクササイズ

180cm 230cm 2サイズがあります。 通常は、180cmで、十分だと思います。 230cmができる人が身長が高い人、体格が大きい人、アスリートを目ざす人だけのようです。 シューズカバーが、ありますが、あえて、靴をはかないで、素足でも、できます。 持ち運びやすい 場所をとる時だけとるけど、しまいやすい、です。 外来の患者さんたちに、コロナ禍で、御薦めできるツールのひとつです。

GLP1効果が継続している時の、秋の心境とは

食べる気がしない。 食べなくてはいけない、というきにはならない。 でも、食べ始めると食べてしまう。 結構、入る。食べちゃう。 以前と同じ量は食べられてしまう。 お腹いっぱいには、なったという感じには、ならないが、満足感はある。 ちょっとだけ食べてもいいかな、という感じ。 でも、これだと食べてしまう。 ここで、食事の回数を減らそうと思った人はやせることができる。 回数を減らさなければ、痩せない。 G

インナーマッスルは、ダイエット向きではない!

肩や腰がいたくて、インナーマッスル治療をうける方たちがいます。 電気で、筋肉を強制的に振動させるのですから、その筋肉周囲の血流はよくなり、気持ちがよくなることもあるかもしれません。 確かに、インナーマッスルの治療をうけた後、 インナーマッスルの器具を購入し、自宅で治療をした後、 腰痛が軽くなった、などという患者さんは存在します。 ですが、「筋肉が振動しただけ」では、ダイエット効果になるはずがありま