• clinic94

食欲抑制する機序

DPP4阻害剤やGLP-1受容体作動薬が発売された頃は、GLP1の中枢性への作用は迷走神経を介した作用ではないか、と推察されていました。


ところが、現代では、脳内の視床下部に、GLP-1受容体作動薬の受容体(リセプター)が存在することがわかり、GLP1ホルモン、そのものが作用すると考えられています。


GLP-1受容体作動薬、つまり、GLP1の注射制剤、そのものは、BBB(脳血液肝門、Blood Brain Barrier)を通過しません。血管内にもリセプターは存在しません。


ですから、GLP1が、どうやったら、血管内から血管外に作動して、血管とは離れた場所にある視床下部に作動するのか、真の作用機序は、いまだ解明されていません。


ただ、ある程度、知られているのは、

GLP1濃度の勾配が急激にあがっている時、か、 GLP1濃度が、かなり高値を維持している時、のどちらかのタイミングで食欲が低下するということは知られています。


1日2回のバイエッタのほうが、1日1回のビクトーザより、食欲抑制作用が強いのは、前者の、「GLP1濃度勾配が急激にあがる事を1日に2回、利用しているから」というシンプルな理由なのです。


サクセンダは、両者の条件を満たす薬剤だと言えます。だから「抗肥満薬」になれたわけです。



最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食