• clinic94

少量から開始。漸増法の意義。

ビクトーザもサクセンダも、一般名は、リラグルチドです。ここでは、リラグルチドとして解説します。


なぜ、リラグルチドは日本人では、0.3mgから開始するのか、は、糖尿病の臨床に基づきます。リラグルチドが日本で承認された時、アメリカ人の半量で同等の血糖降下作用が認められたそうです。もちろん薬の量が多くなって薬価が高くなるのは、メーカーも日本国も喜びません。


ですから、海外では、0.6mgスタートを半量の0.3mgからスタート。海外では最大投薬量が1.8mgのところを半量の0.9mgに、減らして日本ではスタートしたようです。


通常、糖尿病治療では、0.3mgを1週間、0.6mgを1週間と、1週間きざみで増量していきます。これは、インスリン療法などとの併用を考えると、突然、GLP-1受容体作動薬によってGLP1濃度が高まり、食事が食べられなくなるといった場合に、急変しないようにという、他の医療分野では考えられないだろう、糖尿病治療ならでは、の特殊性を考えると、当然の処置だろうと考えます。


ただ、抗肥満治療においては、その原則は、低血糖が起こらないという前提があるので、必ずしも厳守する必要性はありません。


一方、突然、大量のGLP-1受容体作動薬を注射すると、悪心、嘔吐が強くでます。これは、リラグルチドに限らず、他のGLP-1受容体作動薬はすべて同じです。


その作用が、視床下部にある食欲中枢に対する作用なのかどうかは不明です。胃の蠕動運動を抑制する作用が急激に強まり、そこに、もし暴飲暴食をしてしまうと、大変な気分不快感が起こることのほうが、要素としては、より強いのではないか、と推察されます。


初期の導入時は、焦らず、ひとつづつ、少しづつ慎重に「増量」して、つみあげていってください。



最新記事

すべて表示

Mixi に正式に参画、計画中

https://mixi.jp/home.pl 動画コンテンツや、日記などのブログcontentsは、あの懐かしいMIXIにまで、波及させていこうかな、と思っております。そのうちに、「コミュニティ」を作る予定です。 ぜひ、それができたら、ご案内いたします。 年内には、完成させる予定ですので、ご期待ください。 Mixiなんて、誰も使ってないんじゃないの? と、思われるかもしれませんが、ダイエットは基

インスタで、GLP1ダイエットを学習

インスタで、学習できるようにと、新たに、インスタ画面を作成しました。 主たる制作者は、当院の、GLP1担当ナースたちが作成していきます。 これまで、なかなか、インスタで系統的な学習をするというツールがなかったので、あえて、作成してみました。当院のナースが主体なので、応援のほど、よろしくお願いいたします。

May God Bless Donald Trump

この講演を聴くと、トランプがいなくなるのは、さみしい気持ちがしないでもないです。 社会の枠組みにとらわれず、独自の思想を元に行動するをアウトサイダーと呼びます。自分の信念を最後まで信じ、時には己の強い信念で他人から攻撃される場合も多いです。トランプ大統領はこの祝辞で、「そのようなアウトサイダーになれ」と言います。 [英語モチベーション] 誰が世界を変えるのか | 2017年度リバティ大学卒業祝辞|