• clinic94

インスリン分泌&抵抗性を改善

他の広告宣伝がすごい美容外科クリニックで、「インスリン抵抗性があるから痩せないんです」。たった、それだけの結論をえるために、数十万円を無くした、泣けちゃう! という方に出会ったことがあります。


インスリン抵抗性が、あたかも「病気」のような扱いをうけているのに、驚きを感じ得ません。


GLP1を使った治療では、膵臓のβ細胞の「増生」を促し、インスリン分泌を俊敏にします。インスリン分泌の作用を改善します。


そして、

インスリン抵抗性はあるからやせない、のではなくて、やせたらインスリン抵抗性は軽減していく、という事象の後ろだてになります。


GLP1ダイエットを行って、痩せなかった場合には、考慮する必要性がありますが、インスリン抵抗性は糖尿病になるか、ならないか、の議論の対象指標であって、何十万円も使ってしまうための指標ではないはずです。


ちなみに、HOMA-Rとは、

空腹時の血糖値とインスリン濃度から、以下の計算式によって求める、インスリン抵抗性の程度を示すとされる指数のこと。この数値が大きいほどインスリン抵抗性が強いと考えられます。正常は2以下。空腹時の血糖値次第で、いくらでも変化しえます。


HOMA-R=空腹時血糖値×空腹時インスリン濃度÷405

通常の保険診療でも測定できる指標であり、数千円です。やせたら、空腹時の血糖値もさがり、インスリン値も下がります。なので、原因と結果が、あべこべ、の説明をうけて、それで大損をしないようにしましょう。



最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重