• clinic94

インスリン分泌&抵抗性を改善

他の広告宣伝がすごい美容外科クリニックで、「インスリン抵抗性があるから痩せないんです」。たった、それだけの結論をえるために、数十万円を無くした、泣けちゃう! という方に出会ったことがあります。


インスリン抵抗性が、あたかも「病気」のような扱いをうけているのに、驚きを感じ得ません。


GLP1を使った治療では、膵臓のβ細胞の「増生」を促し、インスリン分泌を俊敏にします。インスリン分泌の作用を改善します。


そして、

インスリン抵抗性はあるからやせない、のではなくて、やせたらインスリン抵抗性は軽減していく、という事象の後ろだてになります。


GLP1ダイエットを行って、痩せなかった場合には、考慮する必要性がありますが、インスリン抵抗性は糖尿病になるか、ならないか、の議論の対象指標であって、何十万円も使ってしまうための指標ではないはずです。


ちなみに、HOMA-Rとは、

空腹時の血糖値とインスリン濃度から、以下の計算式によって求める、インスリン抵抗性の程度を示すとされる指数のこと。この数値が大きいほどインスリン抵抗性が強いと考えられます。正常は2以下。空腹時の血糖値次第で、いくらでも変化しえます。


HOMA-R=空腹時血糖値×空腹時インスリン濃度÷405

通常の保険診療でも測定できる指標であり、数千円です。やせたら、空腹時の血糖値もさがり、インスリン値も下がります。なので、原因と結果が、あべこべ、の説明をうけて、それで大損をしないようにしましょう。



3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食