• clinic94

コスパ最高の秘密(5 ) 糖尿病外来との併診

最終更新: 2019年8月9日

当院のGLP1ダイエット外来(自由診療)は、糖尿病外来(保険診療)と相まって、お互いの明いている時間を利用して行っています。


一般に糖尿病外来では、高血糖があると、それだけで痩せます。なので保険診療枠では血糖コントロールが良い人ほど太っています。


自由診療では、その逆のパターンになります。もともと糖尿病がない人が多いので、血糖値がさがると、体重もさがり、体重が下がると血糖値もさがり、その両者に「逆相関」は産まれません。


ですが、「糖尿病外来」のパターンと、「GLP1ダイエット外来」のパターンは大きく異なります。


常に2つのパターンで頭を切り換えますが、そのほうが頭が柔軟になり疲れません。


また、GLP1注射製剤も普段から冷蔵庫に保管してあります。保険診療枠内の治療製剤としても利用するので、在庫は欠かしません。


東京都内の半蔵門という一等地にあると、そういうスペースの確保も難しいものですし、すぐコストにつながります。(ちなみに車の駐車場代金は月5万円でも安い、というエリアです。)


普段からクリニックにあるスペースを活用し、それを利用していればすむ、というのも、当院のGLP1ダイエット外来の質を高め、時間的ならず物理的余裕を持てるのも、コスパ改善に大きく寄与しています。


PS. 当院のすぐ隣は皇居、千鳥ヶ淵です。



最新記事

すべて表示

May God Bless Donald Trump

この講演を聴くと、トランプがいなくなるのは、さみしい気持ちがしないでもないです。 社会の枠組みにとらわれず、独自の思想を元に行動するをアウトサイダーと呼びます。自分の信念を最後まで信じ、時には己の強い信念で他人から攻撃される場合も多いです。トランプ大統領はこの祝辞で、「そのようなアウトサイダーになれ」と言います。 [英語モチベーション] 誰が世界を変えるのか | 2017年度リバティ大学卒業祝辞|

NASHとは

NASHとは、、これを知らないと抗肥満治療が語れないかもしれません。 以下のサイトから引用しますが、ポイントは2点です。 1.予後は良好である事が多いので、たいした問題とは考えられていない。 2.治療法はない。特に、グルカゴンなどの効果も証明されていない。 従って、予後が悪いとされる「原因」さへ見つかれば、GLP1を使って押さえ込まなくても、心配ない病態です。サクセンダで十分だと思いま