• clinic94

コスパ最高の秘密(5 ) 糖尿病外来との併診

最終更新: 2019年8月9日

当院のGLP1ダイエット外来(自由診療)は、糖尿病外来(保険診療)と相まって、お互いの明いている時間を利用して行っています。


一般に糖尿病外来では、高血糖があると、それだけで痩せます。なので保険診療枠では血糖コントロールが良い人ほど太っています。


自由診療では、その逆のパターンになります。もともと糖尿病がない人が多いので、血糖値がさがると、体重もさがり、体重が下がると血糖値もさがり、その両者に「逆相関」は産まれません。


ですが、「糖尿病外来」のパターンと、「GLP1ダイエット外来」のパターンは大きく異なります。


常に2つのパターンで頭を切り換えますが、そのほうが頭が柔軟になり疲れません。


また、GLP1注射製剤も普段から冷蔵庫に保管してあります。保険診療枠内の治療製剤としても利用するので、在庫は欠かしません。


東京都内の半蔵門という一等地にあると、そういうスペースの確保も難しいものですし、すぐコストにつながります。(ちなみに車の駐車場代金は月5万円でも安い、というエリアです。)


普段からクリニックにあるスペースを活用し、それを利用していればすむ、というのも、当院のGLP1ダイエット外来の質を高め、時間的ならず物理的余裕を持てるのも、コスパ改善に大きく寄与しています。


PS. 当院のすぐ隣は皇居、千鳥ヶ淵です。



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食