• clinic94

糖尿病合併症が「ザ!仰天ニュース」? 汗;

糖尿病合併症がテレビのニュースに。あの仰天ニュースのテーマに。

心不全、脳梗塞、心筋梗塞、腎不全、足切断、足壊疽など。

糖尿病合併症が稀になった時代ということなのでしょう。

血糖コントロールが改善するのが当然になってきたからだと思います。 私の外来のHbA1cも、7% 以下ばかりがほとんど。


糖尿病合併症は、私の専門分野。特に糖尿病神経障害。実は、

糖尿病治療においての「予防」概念には3つの段階があります。


肥満は疾患 ーー> 糖尿病 ーー> 糖尿病合併症


GLP1医療は糖尿病にならない為の予防、primary prevention  (1次予防) 糖尿病の治療は、合併症をおこさないための予防で(2次予防) 糖尿病合併症の治療で死に到るのを予防する予防は(3次予防)


3次予防がニュースになるくらいに、糖尿病を放置する人が減ったということです。

1次予防がニュースになるくらいに、医療が進歩したということなのでしょう。


妻にもらった命|ザ!世界仰天ニュース|日本テレビ

http://www.ntv.co.jp/gyoten/backnumber/article/20190806_03.html


下の本には、GLP1を含む抗肥満薬や、糖尿病合併症(足壊疽、網膜症、合併症)の話が、満載されています。1次予防から3次予防の話題まで、書き込んでいます。

この本、実は、発売当初は何の本か、解らないと言われた書籍です。ですが、今になって思えば、糖尿病医療の守備範囲の広さを証拠として残して記しておいた本だと言えます。


アマゾンプライム会員なら、kindle unlimitedでも読んでいただけます。


「なぜこのタイトルにしたのか?」その理由を、一言でいうと、「肥満も糖尿病も糖尿病合併症も、どの状態も治せない状態なのか?という疑問」は、糖尿病専門医なら、いつも持っているからです。


3次予防がニュースになるくらい、稀になったのですから、次は、糖尿病専門医が肥満予防(1次予防)に真剣に取り組む時代も、まじかだろうと思います。



最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重