• clinic94

糖尿病合併症が「ザ!仰天ニュース」? 汗;

糖尿病合併症がテレビのニュースに。あの仰天ニュースのテーマに。

心不全、脳梗塞、心筋梗塞、腎不全、足切断、足壊疽など。

糖尿病合併症が稀になった時代ということなのでしょう。

血糖コントロールが改善するのが当然になってきたからだと思います。 私の外来のHbA1cも、7% 以下ばかりがほとんど。


糖尿病合併症は、私の専門分野。特に糖尿病神経障害。実は、

糖尿病治療においての「予防」概念には3つの段階があります。


肥満は疾患 ーー> 糖尿病 ーー> 糖尿病合併症


GLP1医療は糖尿病にならない為の予防、primary prevention  (1次予防) 糖尿病の治療は、合併症をおこさないための予防で(2次予防) 糖尿病合併症の治療で死に到るのを予防する予防は(3次予防)


3次予防がニュースになるくらいに、糖尿病を放置する人が減ったということです。

1次予防がニュースになるくらいに、医療が進歩したということなのでしょう。


妻にもらった命|ザ!世界仰天ニュース|日本テレビ

http://www.ntv.co.jp/gyoten/backnumber/article/20190806_03.html


下の本には、GLP1を含む抗肥満薬や、糖尿病合併症(足壊疽、網膜症、合併症)の話が、満載されています。1次予防から3次予防の話題まで、書き込んでいます。

この本、実は、発売当初は何の本か、解らないと言われた書籍です。ですが、今になって思えば、糖尿病医療の守備範囲の広さを証拠として残して記しておいた本だと言えます。


アマゾンプライム会員なら、kindle unlimitedでも読んでいただけます。


「なぜこのタイトルにしたのか?」その理由を、一言でいうと、「肥満も糖尿病も糖尿病合併症も、どの状態も治せない状態なのか?という疑問」は、糖尿病専門医なら、いつも持っているからです。


3次予防がニュースになるくらい、稀になったのですから、次は、糖尿病専門医が肥満予防(1次予防)に真剣に取り組む時代も、まじかだろうと思います。



2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食