• clinic94

糖尿病臨床が優れてくると次は減量!世界の潮流!

糖尿病治療が巧みになると、外来にはHbA1cが良好な患者さんだらけになります。


そうなると、糖尿病合併症の予防より肥満治療のほうが優先される時代になりました。


特に、HbA1cが6%台が、ざらにいる糖尿病外来になると、将来、糖尿病の合併症を心配しなくてはいけない患者さんは、急速に減少していきます。めったに、見なくなりました。


逆に、SGLT2阻害剤、といった新薬が普及してきたことにより、より、問題は複雑になります。


SGLT2阻害剤は、尿に1日400キロカロリーを排出する薬剤ですが、一般人向けには、「抗肥満薬」とは、みなされていません。


それは、なぜでしょう?

製薬メーカーが提出している治験データをよくみると、SGLT2阻害剤が効果を示すのは、HbA1cが7%以上の患者さんが、大きな対象患者になっている時だけ、

という事実に気がつかされます。


つまり、HbA1cが6%台の、比較的、血糖コントロールがよい糖尿病患者さんが、 SGLT2阻害剤という、「新薬」、を服用すると、お腹がすくだけの、肥満薬になってしまう、こともあるのです。


実際、私の外来には、SGLT2阻害剤が発売された以降、HbA1cが6%台の患者さんたちには、肥満が増えました。ですが、血糖コントロール目標を緩めるわけにはいきません。 ですから、SGLT2阻害剤は、処方しつづける必要があります。


となると、期待されるのは、GLP1の食欲抑制効果と、どうマッチングさせるか、という点なのです。


そこに「サクセンダ」の話題が、N Eng J Medの論文になり、発表され、欧州糖尿病学会で発表されたわけですから、それを、聴講してきた私としては、時代の潮流に、乗り遅れるわけにはいかない、、そう思ったわけです。


あの、2017年の欧州糖尿病学会での、



スタンディングオベーションは、忘れられない光景でした。


ですから、あくまで、プラクティス、つまり、臨床としてやってみよう。。そう考えて、新たな「糖尿病治療プラス肥満治療の臨床」いわゆる世界中の糖尿病専門医が、新規で着手しはじめた「Diabetisityの治療」を行ってみようと、、そう思いました。


日本初で、真面目に臨床を行っている糖尿病専門医が、本格的にやってみよう、、そう考えたわけなのです。


最初の最初の最初は、「血糖をさげて、かつ、痩せることができる」。それが、一般の臨床医においては、とても、難しい技だったのでした。


他の医療機関のPR宣伝では、GLP1は「痩せるホルモン」と言われてます、食欲を抑制すると言われてます、とあたかも他人行儀的な、きいてきたようなセリフを言えるのが不思議です。「言われてます」なんて誰も言っていないのに、なぜ、そんなことをあえていうのでしょう?不思議でしかありません。「言われてます」ということは、自分は医師としては専門家ではない、やっていない、ていうことと同じなのに。


糖尿病の臨床は、その意味ではレベルが違います。それまで糖尿病の治療薬は、血糖値をさげると、太りやすくなる薬剤、つまり、インスリン、SU剤、アクトスなどが主流だったからです。DPP4阻害剤も、やせませんでしたし。SGLT2阻害剤も。だからやる。


その問題を解決できるのが、この、リラグルチド(ビクトーザやサクセンダなど)であり、これら正規のGLP1製剤だけを用いた医療が、真の「食欲ホルモン」としてのGLP1医療であり、世界の潮流、本流の医療サービスです。


(リニューアル記事)

最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重