• clinic94

糖質制限は終わりにしましょう

糖尿病の臨床、日々行ってます。最近になり、とみに、糖質制限をしたら、血糖コントロールが悪化して、やめたら、もどって血糖コントロールが改善してきました。という患者さんが急増してます。


「糖質制限は半年しかもたない」というのは糖尿病学会もコメントをだしておりますし、リバウンドのきっかけにもなります。


以前、国際糖尿病学会(アブダビ)で開催された時に「炭水化物を制限するダイエットか、油脂を制限するダイエットか」というタイトルのセッションがあったので、参加しました。そしたら、冒頭から、「炭水化物を制限するなんて、いいわけない。アジア人は炭水化物を食べているから、やせているじゃないですか」という演者の発言があって、たったそれだけでした。


すぐ、話は[油脂を制限するダイエットと、地中海ダイエット]の話題に、すりかわってしまって話題は、その2つが中心でした。


以前、糖質制限をしていた人の健康診断の値で、LDLコレステロールが急にはねあがっている数値をみて、産業医面談をしたことがあります。糖質をへらせば油脂類がふえ、一時は、体重がへったようにみえても動脈硬化が進みます。だから、昔から糖質制限ダイエットをすると死亡率が高くなる、というエビデンスがあったわけです。


昨年、オーランドのアメリカ糖尿病学会でも、同じ話題のセッションがありました。

炭水化物制限をした糖尿病患者さんと、油脂制限ダイエットをした糖尿病患者さんの、2群において経過観察をした研究でした。その研究でも、HbA1cの低下カーブは、まったく、同じで有意差はなし、という発表でした。ただし、糖質制限ダイエットでは、コレステロールがあがる、という結論は同じでした。


いずれにしても、糖質制限、という発想は、日本人が糖質がはいっている食品が好きすぎるし、周囲に、そういう食品がありすぎるから、だけだと思います。


海外から帰国すると、やはり日本の糖質を含む食事はおいしい、むしろ、おいしすぎる、と感じます。


日本において、糖質制限ダイエットは、日本人がすきな糖質を我慢させるだけの、ダイエット道場にはいる、とか、断食道場に入門する、というだけにすぎません。糖尿病や肥満の人にとっては、油脂類の食事が増えるので、結局、高カロリーになって血糖コントロールが悪化するだけに、思えます。


糖質制限を、一生懸命、指導している医師群がおります。あれは、ドメスティックなコンセプトなのでしょう。おいしい和菓子が、たくさん、お中元、お歳暮で、やりとりされているのだろうと、思います。それをたべなくなったら、血糖コントロールが改善した、という「逸話」をもとに指導されておられるようです。私にとっては、ちっとも「普遍性」を感じないし科学的な話でもないように思えます。


千葉県はピーナツの産地です。千葉県の糖尿病専門医なら、ピーナツ制限ダイエット、という発想をすれば、千葉県のピーナツによる健康被害は大きく減少することでしょう。


最近は、そういう問題ではないかな、、、、と、ただただ、外来では、もう、糖質制限はやめてください、と連呼しているような状態です。



最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重