• clinic94

運動で脳機能を改善し積極性を取り戻す

食事療法、運動療法は、糖尿病医師の基本中の基本、そして肥満、ダイエット治療の基本でもあります。ですから糖尿病医療の知識はダイエットに活用できるのは当然です。


最近、「インスリン抵抗性の改善」が脳でも証明されました。それにより脳も運動により記憶力や認知力が高まり、パーフォマンスが高まることが証明されています。糖尿病ネットワークからの引用記事です。


運動をすると脳のインスリン抵抗性が改善 糖尿病や肥満の人で効果 | ニュース・資料室 | 糖尿病ネットワーク

https://dm-net.co.jp/calendar/2019/029346.php?dm=m1908b


一部、引用させていただきます。ぜひ原文もお読みください。


 ドイツのテュービンゲン大学の研究で、肥満や過体重のある人が運動を続けると、脳機能を向上できることが明らかになった。そうした人は脳内でインスリン抵抗性が起こりがちだが、運動により改善できるという。

 「運動による脳機能の改善のメカニズムを解明できたことは重要です。運動は、ドーパミンが関連する脳領域で、インスリン感受性の増加されます。さらには、気分障害や認知能力の改善にもつながります。運動療法は2型糖尿病を改善するために必須ですが、脳の健康にとってもなくてはならないものです」と、テュービンゲン大学医療心理学・行動神経学研究所の神経内科医であるステファニー クルマン氏は言う。

 研究チームは、インスリン抵抗性がみられる、体格指数(BMI)の平均が31の過体重あるいは肥満の成人22人を対象に、ウォーキングやサイクリングなどの運動に8週間取り組んでもらった。

 参加者の脳のインスリン感受性を調べるために、運動介入の前後に脳スキャンを行い、さらにインスリン鼻腔用スプレーを使用し、運動の前後の脳機能の変化を測定した。


======================


GLP1ダイエットを申し込まれる方の多くは、もう他のダイエットでは無理、運動も無理、これしかない、と思って申し込んでくださる方々が多いです。


GLP1は食欲ホルモンですから、確かに食事療法、エネルギー制限を薬で楽に行える方法ではありますが、注射しただけで消費エネルギーを増やしてくれるダイエット方法ではありません。


ですが、肥満を解消することで、身体から鉛がとれたようになります。その分、身体は動きやすくなります。そして、運動がしやすくなります。かつ、上記のように、脳内のインスリン抵抗性も改善し、「運動をすることで気分転換がしやすくなり、認知機能も上がれば」、それまで、運動すら無理、と諦めていた自分が、「運動でもしてみよう」「運動してやせてみよう」そういう意識改革、意識変革をもたらしやすくなります。


私は「GLP1ダイエットで体重が減ってくると、運動が好きになりやすくなります。運動しようという気持ちになります。体重が減ってきたり、停滞期になったら、必ず運動を増やしてみてください。」そう助言することが多いのですが、それは上記のように科学的根拠に裏付けられた正しい医療サービスを目指しているからです。運動への積極性をとりもどしてください。


なにもしなくていいダイエット、というような唱い文句をしている医師は信用するべきではありません。GLP1ダイエットが成功してきたら、なおさら仕事もバリバリ、運動もバリバリ、積極性を取り戻し、積極的に運動や身体活動を増やしてみてください。


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食