• clinic94

自分で体験し熟知しているからコーチになれる!

ダイエットにも、かけひき、戦略が必要だと思います。私たちは、そのための戦略コーチです。いわぶっちゃんは専任コーチです。


ダイエットに成功するか、どうかは自分とのかけひき、我慢、タイミング、ありとあらゆる技術が必要で、それを克服するための、「戦略」、「戦術」をコーチするのが私たち、医師やナースの役目です。ならば、自分がGLP1ダイエットを、何度も行って、失敗と挫折をくりかえし「戦略」と「戦術」を教えれるくらいの経験が必要だと言えるでしょう。


これまで、GLP1ダイエットを自分で行ったことがない医師は、なかなか、こういう指導はできないのかもしれません。若い頃から、やせている医師が、「優れたコーチ」にはなれないのかもしれません。そう考えると、医師は痩せているから、良いというものではないでしょう。


何度も、GLP1ダイエットを、実践し、その「ノウハウ」を身につけた医師にしか、できないのかもしれません。もともと美容系の医師やモデルは、GLP1で痩せたわけではないでしょう。なら、なぜそうしたGLP1の専門でもない医師達がGLP1の事を熟知していたりするような言動を行いPRができるのか、普通に考えれば矛盾してますよね。


私も、2015年頃にGLP1ダイエットを始めましたが、そこまでの優秀な「コーチ」になれる自信はありませんでした。ですが、3年以上かけて何度もGLP1ダイエットを実践し、そこで身につけた「ノウハウ」があるので、その蓄積した「ノウハウ」を教える自信ができたので「コーチ」を始める事にしました。


バイエッタ、ビディリオン、リキスミア、トルリシティ、ビクトーザ、サクセンダ、ありとあらゆるGLP1製剤を自分で試してみました。自分の専門分野の薬ばかりでしたから、ダイエットのみならず血糖コントロールにも役立ちましたし。もちろん外来の臨床にも、役立ちました。


そう考えると、糖尿病専門医で、そこまで、自分の身体を使ってトレーニングを経験するのは難しいかもしれません。単なる、血糖値をさげる、だけでは指導できない「ノウハウ」が、思った以上にありました。


かつ、個人クリニックの開業医だから薬剤も自由に扱えたという点が大きいです。病院の勤務医は、ここまで薬を私物化することは、できないでしょうから。私も、日本医科大学の客員教授という肩書が昨年まではありましたから、そういう肩書があるほうが、こういう世界最先端でも、誰よりもとびぬけたような仕事はしにくかったです。

幸い13年間、大学教授をやって終えたので、今は自由です。大学の縛りとか、そうした現実が、多くの糖尿病専門医がGLP1ダイエットを始めにくい大きな障壁となっているのかもしれません。


ちなみに、慶応大学病院の糖尿病代謝分野の後輩達にも参加を呼びかけましたが、大学自体が自由診療のアルバイトを許可してくれないそうです。本当に優秀な後輩たちばかりなのに、もったいないと思います。



最新記事

すべて表示

May God Bless Donald Trump

この講演を聴くと、トランプがいなくなるのは、さみしい気持ちがしないでもないです。 社会の枠組みにとらわれず、独自の思想を元に行動するをアウトサイダーと呼びます。自分の信念を最後まで信じ、時には己の強い信念で他人から攻撃される場合も多いです。トランプ大統領はこの祝辞で、「そのようなアウトサイダーになれ」と言います。 [英語モチベーション] 誰が世界を変えるのか | 2017年度リバティ大学卒業祝辞|

NASHとは

NASHとは、、これを知らないと抗肥満治療が語れないかもしれません。 以下のサイトから引用しますが、ポイントは2点です。 1.予後は良好である事が多いので、たいした問題とは考えられていない。 2.治療法はない。特に、グルカゴンなどの効果も証明されていない。 従って、予後が悪いとされる「原因」さへ見つかれば、GLP1を使って押さえ込まなくても、心配ない病態です。サクセンダで十分だと思いま