• clinic94

食べ残したら効いてる、て思う

リラグルチド(ビクトーザか、サクセンダ)について、ご質問がありました。

特に、1日、2回、注射をされている方で、朝は時間的に余裕があるけれど、夕方の時間は、調整が難しいという相談をされたことがあります。


そこを、うまく切り抜けたら、なんと、昔、他のクリニックでの指導ではビクトーザが、1日量2.7mg必要でも食欲コントロールできなかったのに、今は、私の指導では、1日、2回注射で、トータル1日量1.5mgで、十分に食欲が抑制できているという患者さんもおられます。


もちろん、2.7mgで減量できなかったのに、1.5mgで減量に成功しているわけですから、いかに、この「注射のタイミング」という問題が大切かは、こういう、状況を経験されるとおわかりかと思います。


個人差があるので、いちがいには、これがベストという断言はできないことが多いです。実際、ビクトーザを注射しようとしても、ああしよう、こうしようと思っても、時間的にできないことは、あります。


日曜日なら時間的融通がきいても、普段のウイークデイなら、都合がつかないこともあります。ご家族に秘密で、GLP1ダイエットを行っている方は、ご家族の目が届かないところまで移動して、注射をする必要があるので、それで、時間的に制約されることもあります。


ご自身で、試してみて、日頃の生活の中で、ちょっとした時間をみて、できる時間帯で、できる手段である必要があります。かつ、もっとも食事の最中に、お箸でつまんだ食材を口の中まで運ぶ時に、はっと気がつき、食事を残してしまう、というタイミングがベストと思います。微妙な心の機微なんですが、それを、自覚して、しめしめ、と考えるような感覚がでてきたら、減量には成功していくと思います。


治療や、その成果がでるか、でないかには、かなり個人差がありますから、根気づよく、最も自分にあった、注射のタイミングや分量を、さがしてみてください。こういう臨床(プラクティス)上でのテクニックは、バイエッタやリキスミア、トルリシティなどの血中濃度曲線や、どのタイミングで食欲が低下するかを計算しておく必要があります。当院のGLP1指導が、最も効果が高かったと、多く方々がリピート来院されるのは、そのためなのでしょう。



最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重