• clinic94

肥満も、糖尿病と、同じ運命を辿るのか?

2018年9月、ベルリンの欧州糖尿病学会に参加した時のことです。リラグルチド、セマグルチドのセッションがあり、抗肥満治療について4名の講師の演題が終わり、いわゆる、Closing Remarkを述べる、先生が、こんなことを話をされてました。


昔、昔、(おそらく1980年代くらいまで)は、糖尿病は、みんなが「ぜいたく病」だ、といって、ぜいたくのせいにして、糖尿病は病気ではない。ぜいたくさへやめれば治る病気だ、

と多くの人がうそぶいていました。でも、今は、糖尿病は治療法がでてきて、誰も糖尿病を病気ではない、という医師も一般社会人も、ジャーナリストも誰もいません。それどころか、最も早期に解決するべき疾患だと考えられています。


おそらく、肥満についても、その当時の、「糖尿病は病気じゃない、と言われた時代から、病気だと認識されるまでの」同じ運営をたどるかもしれません。


肥満は、「ぜいたく病」であり、自己責任で「なまけもの」がなる現象。だから、肥満は病気ではない。「ぜいたく」、「なまけもの」さへ、やめれば、治るし、そんなのは、病気とは言えない。と今でも、周囲の人はそう考えている。


だが、もし、肥満に内科的なしっかり治療ができるようになれば、肥満は糖尿病の歴史と、まったく同じ運命をたどり、肥満は病気であるという認識がこれから高まるのかもしれません。

そんな内容のスピーチでした。


私が、糖尿病を専攻した頃、糖尿病はマイナーと呼ばれていた頃の病気でした。周囲のみんなが、糖尿病を専攻することを止めました。頼りにしていた父でさへ、糖尿病よりは、もっとメジャーな科を選ぶことを勧めました。呼吸器内科を勧められたことを覚えています。

ですから、このスピーチには、私自身が、あえて糖尿病の世界を選択した時代背景のことと思い返させる事になり、余計、インパクトのある内容に思えました。


治療法ができれば、これまで、ただの「ぜいたく病」といわれていた現象が、「病気」として認識されるようになるはずです。

そう考えつつ、ベルリンからの飛行機の中で考えながら、やっぱり、GLP1外来をやろう、、と決意し、帰国してきたのを、覚えています。国際学会には、毎年、いくべきですよね。


あのスピーチがGLP1ダイエット外来を始める大きなきっかけとなりました。来週は、また欧州糖尿病学会です。1年たちました。世界の情勢が、1年で、どう変わっているのか、しっかりと、この目で確かめたいと思います。


最新記事

すべて表示

Mixi に正式に参画、計画中

https://mixi.jp/home.pl 動画コンテンツや、日記などのブログcontentsは、あの懐かしいMIXIにまで、波及させていこうかな、と思っております。そのうちに、「コミュニティ」を作る予定です。 ぜひ、それができたら、ご案内いたします。 年内には、完成させる予定ですので、ご期待ください。 Mixiなんて、誰も使ってないんじゃないの? と、思われるかもしれませんが、ダイエットは基

インスタで、GLP1ダイエットを学習

インスタで、学習できるようにと、新たに、インスタ画面を作成しました。 主たる制作者は、当院の、GLP1担当ナースたちが作成していきます。 これまで、なかなか、インスタで系統的な学習をするというツールがなかったので、あえて、作成してみました。当院のナースが主体なので、応援のほど、よろしくお願いいたします。

May God Bless Donald Trump

この講演を聴くと、トランプがいなくなるのは、さみしい気持ちがしないでもないです。 社会の枠組みにとらわれず、独自の思想を元に行動するをアウトサイダーと呼びます。自分の信念を最後まで信じ、時には己の強い信念で他人から攻撃される場合も多いです。トランプ大統領はこの祝辞で、「そのようなアウトサイダーになれ」と言います。 [英語モチベーション] 誰が世界を変えるのか | 2017年度リバティ大学卒業祝辞|