• clinic94

肥満で中性脂肪が上昇、HDLは低下。

BMI(Body Mass Index)が増加すると中性脂肪(以下TG)値は増加し、HDLコレステロール(善玉コレステロール:以下HDL)値は低下します。これが肥満による脂質異常症の特長です。


糖尿病やメタボリックシンドロームがある場合、体重やウエスト周囲長が減ると、HDLが上昇し、LDLコレステロール(悪玉:以下LDL)やTGが低下します。つまり、やせると脂質異常症は改善するのです。


脂質異常症の基本的な治療は、総エネルギー摂取量を減らし、身体活動量を増やして標準体重を維持することです。3%以上体重が減ると、TGやHDLが改善します。


脂質異常症を改善する食事療法についてお話しします。


●LDLが高い場合。 飽和脂肪酸を減らし、不飽和脂肪酸を増やす。

●TG値を下げたい。 糖質やアルコールを制限し、n-3系多価不飽和脂肪酸の摂取を増やす。

●HDLを上げたい。 トランス脂肪酸摂取を避ける。


脂肪酸とは何のことでしょう?脂肪酸は下記のように分類されます。 脂肪酸 →「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」 不飽和脂肪酸 →「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」 多価不飽和脂肪酸 →「n-6系脂肪酸」と「n-3系脂肪酸」


脂肪酸はどんなものに多く含まれているのでしょう?

<飽和脂肪酸> ●バター、肉、ココナッツ油、ヤシ油など。

<不飽和脂肪酸> ●一価不飽和脂肪酸:オレイン酸が主成分、オリーブオイル、ひまわり油、マカダミアナッツ、ヘーゼルナッツなど。

●n-6系脂肪酸:リノール酸が主成分、ひまわり油、大豆油、コーン油など。

●n-3系脂肪酸: * α−リノレン酸が主成分、ごま油、なたね油、シソ油、くるみなど。 * ドコサヘキサエン酸(DHA)が主成分、あんこうのきも、まぐろの脂身、 さば、うなぎなど。 * エイコサペンタエン酸(EPA))が主成分、あんこうのきも、さば、 うなぎ、さけなど。

●トランス脂肪酸:水素添加油脂(水素添加という技術を使って固められた液体の植物油や魚油)を使った食品のことで、マーガリン、ショートニング、お菓子、コーヒー用クリームなど。


脂質異常症を改善する運動療法についてお話しします。


運動療法では、継続的な身体活動や有酸素運動が有効です。運動するとHDLコレステロール(善玉)が増加します。強度から中等度の有酸素運動を毎日30分以上続けると効果的です。


HDLを上昇させるには、毎日の運動持続時間を長くすることが効率的で、全体量としては週に合計120分くらいが良いとされています。


喫煙はHDLコレステロールを低下させ、TGおよび血糖を上昇させてしまいます。動脈硬化予防のためにも、禁煙をお勧めします。



糖尿病療養指導士 臨床検査技師 著

出典:肥満症診療ガイドライン2016  編集 日本肥満学会  ライフサイエンス出版 



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

運動療法の原則

糖尿病療養指導士ナースKです。今回は運動療法についてお話します。 皆さんの興味は、どれくらいの頻度と強度で運動すれば良いかということでしょう。 性別・年齢・減量目標などが違いますから、一言では難しいです。 ただ、継続することと強度が高いほど、効果があることははっきり しています。 以下は、運動療法プログラムの原則を抜粋しました。 ① ほぼ毎日(週5日以上)実施する。 ② 1日合計30~60分、週1

花粉症と肥満

糖尿病療養指導士ナースKです。今回は花粉症と肥満の関係についてお話しします。新型コロナウイルスのニュースで心配な毎日ですが、花粉症も本格的なシーズンとなり、つらい方も多いかと思います。 花粉症とカゼの合併もありますし、もしかしたら・・・と心配になってしまいます。この季節は、体調がすぐれない、外出したくない、自宅にこもると無駄に食べ過ぎるかも・・・と、悪循環です。せっかく頑張ってきたダイエットを挫折