• clinic94

続:長期的に家計にやさしいダイエット

もっとも家計に貢献するのは、

糖尿病にならないこと

ではないか、と思います。

糖尿病になると、とても治療代が高い薬が多いので、大変です。 通院しなくてはならなくなります。採血代、仕事を休むことによる時間的損害などなど、

そうした事を考えると、GLP1ダイエットを行うことで、膵臓ベータ細胞が回復し、糖尿病にならないで、済んだら、それが、最も家計にやさしいダイエットだということができることでしょう。


おどろいた事に、膵β細胞(インスリンを分泌する細胞)は、長期間、高濃度GLP1にさらされていると、細胞が増生することが知られています。ですから、もしGLP1ダイエットを、かりに止めたとしても、元に戻った膵β細胞の減りは、弱まります。膵臓は、いわば若返り、糖尿病になりにくい体質になります。


かつ、インスリン分泌も迅速になり、高インスリン血症になりにくくなります。それがインスリン抵抗性を減弱させることで、おなかがすきにくくなったり、高血糖が持続することがなくなり、いわば平常にもどりやすくなります。


GLP1ダイエットを止めるとどうなりますか?  最大の経済効果は、体重減少もありますが、長い目でみれば、糖尿病になりにくい体質を作ることのほうが大きいかもしれません。



2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食