• clinic94

ビクトーザ? 注射or経口セマグルタイド? サクセンダ?

体重の減少曲線は、注射のセマグルタイドが、極めてシャープで、30週まで直線的に、落ちていきます。


注射セマグルタイドは、10%以上の体重減少を認めるのが、10%を超えています。サクセンダより、やや劣るのが気になります。


ビクトーザの、1.2mgでは、途中で停滞期になり、体重の減りは鈍化します。やはり、サクセンダでないと、いけない理由が明確にしめされていました。


ところが、1週間に1回のセマグルタイドでは、副作用が多いように思えるのです。統計的には、差がないようですが、悪心、嘔吐、便秘、下痢が多いのが気になります。


また、経口セマグルタイドの脱落率が、1%未満だったのに、かかわらず、1週間に1回のセマグルタイドでは、脱落率が10%~15%のようです。


そうなると、1週間に1回のGLP1製剤、セマグルタイドは、効果は強いが、調節が難しく、継続しにくい薬剤ではないか、と思いました。


これは、

SUSTAIN 10  Trial  Investigation

と呼ばれます。今日の講演は、既に、ランセットという医学雑誌に公開されたばかりか、既に公開されている内容のいようです。


GLP1製剤の処方は、やはり「臨床的なテクニック」が、とても重要ですね。

どの薬が、どういう強さをもって、どういう副作用があって、どういう対象者にむいているのか、それをしった上で、きめ細かな処方ができる臨床医であることが、すごく大切なことであることを実感しました。


こういう実感をもてただけでも、臨床家として、バルセロナまできた甲斐があったというものです。やっぱり、世界最先端の議論を、ライブで聞くのは、素晴らしいですね。

今日は、16時半で、クローズだそうです。次は、また明日にします。お疲れ様でした。


これからは、この4つの新薬を、糖尿病専門医が使い分けることになると思うと、早めに理解しておいて、よかったです。本当に。


2019年9月16日、鈴木吉彦  欧州糖尿病学会(バルセロナ)にて。



最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食