• clinic94

日本人なら2ヶ月で、−5kg 鍵はGIP

日本も、この流れに負けられません。Tirzepatide (チルゼと略します。)の日本人のデータが公開されました。薬は、以下のような形で、39個のアミノ酸で構成されています。


GLP1だけでなく、しっかりと、GIPをも刺激する新薬です。GIP/GLP1アゴニストと言います。1週間に1回、注射するだけの新薬です。GIPが含まれている事が、ダイエットホルモンとしての、味噌なのです。

















結果は、8週間(57日後)、つまり、たった2ヶ月で、HbA1cは、ー2.05%、減ります。1ヶ月1%という計算になります。すごすぎます。


さらに、8週間、2ヶ月で、−5.1kg、の減量に成功します。1ヶ月、−2.5kg、痩せられるわけです。しかも、その減量カーブは、直線的に体重が落ちていきます。

日本人は、もともと、GLP1は効きやすい民族だとされてきました。だからなのでしょうか、やけに日本人のデータが多いんです。もともと、治験に入る対象者も、外国人と比べて、真面目だし、脂系の食材を食べないし、炭水化物中心の食事が多いので、それが、より有効に作用しているのかもしれません。


糖質制限、炭水化物制限の時代は、もう、とっくの昔に終わってる、て感じに見えませんか? GLP1単独のダイエット、GLP1を[痩せるホルモンといっている美容系クリニックの医師達」、そういう流行は、すぐに終焉を迎えそうな気がしてます。


だって、痩せる作用機序を正確にしらなければ、医学の場合、どこかで、行き詰まるはずだからです。

GiPを処方経験がある医師は美容系医師の中には、いないでしょうね。糖尿病専門医だけの特権かもしれません。





5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食