• clinic94

抗肥満にするだけで140%増は?疑問です?

実は、欧州糖尿病学会では、次世代のGLP1製剤である、セマグルティド(商品名、オゼンピック)についてのプレゼンが多くありました。


私の外来でも、一般公募はしていませんが、特定の患者さんには、個別に、セマグルティドをお渡しするケースがあります。ただし、本当に、申し訳ないくらい高額な金額になるので、あえて公開しておりません。アメリカでは、特に、セレブの薬といわれるくらい高額になります。


ただ、実際、日本で入手できるセマグルティドのペンは、1個に、2.0mgが、はいっていて、通常は、1週間に1mgを注入するのが普通用量です。


ところが、ノボノルディスク社の社長と会談している最中に、抗肥満治療としては、1週間に2.4mgを考えているという発言がありました。


実は、これはノボノルディスク社の企業秘密だろうと思って、ブログに書くことを控えていたのですが、あるOral Sessionの中のスライドのひとつに、セマグルティド 2.4mgというスタディがあることをみつけ、これは、公開された事実だ!!と思って、今、書き込んでいます。


リラグルチドの場合、糖尿病治療用であれば、 ビクトーザとしては、最大投与量が1日1.8mgまで。 抗肥満治療用であれば、 サクセンダとしては、最大投与量が1日3.0mgまで。


つまり、1.8mgーー>3.0mg は、用量にすると、66%増となります。

ところが、セマグルティドの場合、糖尿病治療用であれば、 オゼンピックとしては、最大投与量が1日1.0mgまで。

もし、抗肥満治療薬用としてが、2.4mgだと仮定すると、140%増となります。

なぜ、こんな計算を、欧州から帰国して3日目の深夜にしているかというと、納得がいかないからなのです。通常、薬の投与量イコール価格になります。


ですから、いわゆる新しいGLP1とされるオゼンピックを、抗肥満治療として考えた場合、ものすごい費用負担増になるのではないか、と考えるからなのです。

66%増と、140%増とでは、大きな違いですよね。

(あと数日で、日本では消費税があがりますが、それでも、8%から10%へと2%増です。正直、こんな時期だからかもしれません。こういう発想をしてしまうのは。。)


いくら話題の新薬とはいえ、ノボノルディスク社の強気の価格の値上げ幅には、あまりではないだろうか、とふと考えています。


サクセンダのほうが、日々、用量調節できるし、そのほうが自由度が高いきがする、、と考えるのは、医師の私だけでしょうか。。サクセンダを継続されている方々にも、今後、ぜひ、お話を伺いたいと思います。やっぱり、サクセンダのほうが、リーズナブルで、いい薬である、、と思いたいです。セレブ達だけのためでない薬のほうが、良薬だと、私は、そう思います。


真面目に、本場の学会にいってくると、その場でしか、実感できないことが思い浮かぶものですね。皆さんには、ご迷惑をおかけしましたが、行ってきてよかったです。



最新記事

すべて表示

May God Bless Donald Trump

この講演を聴くと、トランプがいなくなるのは、さみしい気持ちがしないでもないです。 社会の枠組みにとらわれず、独自の思想を元に行動するをアウトサイダーと呼びます。自分の信念を最後まで信じ、時には己の強い信念で他人から攻撃される場合も多いです。トランプ大統領はこの祝辞で、「そのようなアウトサイダーになれ」と言います。 [英語モチベーション] 誰が世界を変えるのか | 2017年度リバティ大学卒業祝辞|

NASHとは

NASHとは、、これを知らないと抗肥満治療が語れないかもしれません。 以下のサイトから引用しますが、ポイントは2点です。 1.予後は良好である事が多いので、たいした問題とは考えられていない。 2.治療法はない。特に、グルカゴンなどの効果も証明されていない。 従って、予後が悪いとされる「原因」さへ見つかれば、GLP1を使って押さえ込まなくても、心配ない病態です。サクセンダで十分だと思いま