• clinic94

動かない時間を減らしましょう

運動は、減量には当然、効果的ですし、認知症の予防にもなりますし、ダイエットにも、必須です。もちろん、GLP1ダイエットの効果をだすにも、運動は必須です。ですが、米国糖尿病学会では、「運動をしましょう」といっても、伝わりにくい、ということになったので。キャンペーン文言を変えたそうです。Diabetes Careという米国糖尿病学会の雑誌で紹介されているとのことです。


それが 動かない時間を減らしましょう


だそうです。ネット社会で、PCの前にいる時間が増えたり、スマホをみている時間が長くなったことを反映したような表現ですよね。


座っている時間が長いですか?


という問診を、私がGLP1ダイエット外来診療で、お聞きするのを、ほぼ必須にしているのは、こうした、「世界的ガイドライン」にそった問診のしかたなのです。


ですから、GLP1ダイエットで、もし停滞期にはいったら、運動を増やそう、と発想することが大事です。お腹が空かないで、運動は嫌いにならなくなるはずです。ですが、それすらできない場合には、以下のような発想をしてみてはどうでしょうか?


座っている時間を短くしよう。

30分に1回は、立ってちょこっとでも、歩いてみよう。

家の中で、ウロチョロしてみよう。

3分間だけは、座らずに運動してみよう。

スロージョギング(走るように歩いてみよう)してみよう。 家の中でもかまいません。家の中でも、ウロチョロしてみましょう。

細切れ(こまぎれ)で、階段を上り下りしてみよう。

テレビは見ていていいです。ただし、テレビのCMの間だけ、椅子から立ち上がってみましょう。

などなど。


こうした、ちょっとした助言をすること、コピーを作ることが、今の運動療法の最近の話題だそうです。ネット社会になると、運動をしようということを言われても、どうしたらいいか、分からないというのが、実状のようですね。


GLP1ダイエットは、お腹が空かないダイエットです。ですから、運動した後に、食事をとるという感覚はなくなりますから、頑張って、運動して、エネルギーを消費して、身体の脂肪細胞を減らしてみてください。ジョギングができるかたなら、どんどん、ジョギングしてみてください。走る速さで歩く、という感覚が大事だそうです。


最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重