• clinic94

服薬指導ミス?? ミスではない?

糖尿病外来で、ビクトーザを処方できるようになり、1日1.8mgを投薬しているのに、まったく体重が下がらないという患者さんがおりました。



ひとつは、運動をまったくしていないから。


それが最大の理由だったかもしれません。ですが、よく聴取すると、近所の薬局から、ビクトーザをいつ注射したらいいかの服薬指導を受けていなかったようです。1日1回、どこでも、いいです、と言われたので、「就寝前」に注射していたとか。


GLP1は、「食欲ホルモン」、正確には、「食欲抑制ホルモン」です。ですから、食事の前に注射してこそ、価値があるのに。就寝前に注射するということは、食事とは関係のない時間帯に、薬の効果をきかせようとしたようです。


もちろん、どの薬局で服薬指導を受けるのは、患者さんの自由ですし、薬の効果を教えるのは、私たち医療関係者の義務ですが、「1日1回注射」は、ビクトーザの薬効から考えて、「就寝前注射をする」という発想がなかったがために、誰も、そういう投薬をしてはいけない、という「勧告」をしなかったようです。


この場合、服薬指導ミスになるのか、どうかは微妙です。1日1回注射、と記載している場合には、就寝前には効果がない、ということの意味あいは含まれていませんから。


でも、今後は、こういう薬剤特性を、しっかり指導しないと、せっかくの高価な薬剤が無駄になるということを、思い知らされました。



最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重