• clinic94

GIP単独を刺激すると、何が起こる?

欧州糖尿病学会(バルセロナ、2019)の、P484の発表には、 GIP受容体だけを単独で刺激したらどうなるか、という研究がありました。


もちろん、これは、糖尿病肥満治療の大型新薬、抗GIP/抗GLP1受容体作動薬、の作用機序を理解する上では、大変、重要な研究でした。


GIPは、濃度が上がると、食欲はどうなるのか? それを見るだけでも、重要な研究でした。


マウスの実験です。結果としては、GIPは、食欲には影響を及ぼすものではなく、食事を増やしたり減らしたりするものではない、という事を調べた研究結果でした。


そして、見つかった事は、唯一、インスリン抵抗性が改善されることが分かりました

従来、インスリン抵抗性が改善するという薬剤の代表には、ロシグリタゾンなどの薬剤があります。ロシグリタゾンは体重が増えることが特徴とされていましたから、GIP刺激薬剤は、体重が中立であるという事は、とても重要な効能でした


たったそれだけ、です。


ですが、イメグルミンと同じく、太らないインスリン抵抗性改善薬の登場は、皆に期待されていた作用でした。この作用が、GLP1注射薬の効能を倍増させます。GLP1ダイエット効果の効きを、ぐんぐんと引っ張るわけです。


将来、抗GIP/抗GLP1受容体作動薬も、「痩せるホルモン」ではなく、「食欲ホルモン、プラス、インスリンを効かせるホルモン」という言葉で表現できます。


GIPは、インスリン分泌を亢進させる作用と考えられていたホルモンだけに、分泌でなくて、感受性か、そうか、、、という糖尿病専門医としての、驚きがあります。


あと2年半後か3年後、厚労省の承認が、楽しみです。


ダイエットの話題でなくて、ごめんなさい。糖尿病治療の話題でした。抗GIP/抗GLP1受容体作動薬のようなデュアルアゴニストは、このような二つの薬剤の特徴を確認しあいながら、薬の作用を考えていきます。



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食