• clinic94

アジアで開催される国際糖尿病学会では

12月2日から6日まで、韓国で国際糖尿病学会があり、そのプログラムをみました。WPR(western pacific region) といって、国際糖尿病学会の中でも、アジアパシフィック領域に特化した国際学会です。

そのプログラムでは、肥満のセッションが、1個しかありませんでした。

これが、いかに、肥満大国が連なる国際社会と、肥満人口が少ないアジア人との、学問的ニーズの違いを象徴しているのかもしれません。


参加しようかな、と思いましたが、月曜日から木曜日までの休診は、ちょっときついし。テーマも、ほぼ知っている内容ばかり。聞いてみたいのは、このセッションですが、視床下部に作用する薬、といったら、もう、リラグルチドかサクセンダの話題だけでしょうから、参加する必要もないかもしれません。日本の講演会で、聞いてます。実は、iryoo.comのアプリにあるコンテンツにも、その内容を聞いたコンテンツがあり、私自身は、すでに、皆さんに発表ずみの内容のようです。1年以上も前に、公開しました。


レプチンを左右する作用機序や、視床下部の炎症? という概念も、なんだか、訳がわからないし。。。。悩んだすえ、今回は参加を取りやめることにしました。


しかしもって、アジア人では、肥満はさほど重要視されていないテーマなんですね。

国際社会との意識のギャップに、驚きます。



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食