• clinic94

鈴木先生、少し、悪戯好きです。

子供が2人、います。なので、これまで書籍を作った時の医学書の表紙を利用して、2つの悪戯(イタズラ)をしかけました。


1つ目の、悪戯は、小学生の娘が、「一生に1回でいいから書籍のカバーガールになりたい」という夢を叶えました。下図左の写真の書籍は、真面目に、シタグリプチン(DPP4阻害剤)が発売と同時に書店に並びましたから、日本で最初に、一般書として、GLP1を世間の人に、優しく詳しく説明した解説書となりました。マジで、日本で、GLP1について広く普及せしめた第一号の書籍となりました。


今になって思えば、GLP1、についての知識を、日本で最初に、国内中に普及させる、というすごい歴史的価値ある仕事に、娘を利用し、彼女の夢を叶えた、と言えます。当時、GLP1は夢の新薬、と呼んでました。


2つめの、悪戯は、小学生の息子が、少年野球のキャッチャーで、4番バッターでした。背番号は22です。ですから、キャッチャーを真ん中にいれて、打者には22番の背番号をもってたつ野球のイラストを、SGLT2 阻害剤の医師向け解説書の表紙にいれました。下図写真右側の表紙です。当時、SGLT2 阻害剤は魔法の新薬、と呼んでいました。


日本の医学書の歴史の中で、野球のキャッチャーとバッターが意味をもつ書籍は初めて!ということで、慶応大学の後輩の入江先生からは、高く評価していただいた悪戯でした。


時々、こういう悪戯をします。ポールが大好きな、いわぶっちゃんに、ラスベガスでライブコンサートがある、もし、これから−8kg痩せたら、、、という話をしてしまったのも、私からでしたし。笑。



最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重