• clinic94

インクレチンとは?後編

糖尿病療養指導士ナースKです。

今回は「インクレチン」の解説のつづき、「GLP1」をお話しします。


GLP1とは、Glucagon-Like Peptide-1の略です。 グルカゴンと似たような構造をもつ ペプチドという化合物という意味です。 「GLP1受容体作動薬」とは、もともと糖尿病の治療薬です。 摂取した炭水化物の量などに迅速に対応して、食後血糖値の変動を一定に維持する精密な血糖制御機構です。 Q:内服薬ではなく、なぜ注射薬なのでしょうか? A:ペプチドなので、内服薬では消化器官で分解吸収されてしまうからです。 Q:GLP1受容体作動薬の特徴は何でしょう? A:血液中の濃度を高くして、強い効果を期待するためです。 Q:どんな効果を認めるのでしょうか? A:胃の排出速度を遅らせる効果で、満腹感が速く来て、空腹感が起こりにくくなります。結果として食事摂取量が減って、体重減少を認めます。


「GLP1受容体作動薬」は国内で数種類認可されていますが、臨床応用して抗肥満治療が認められるのは、リラグルチド(ビクト-ザ・サクセンダ)です。


当院では、ビクト-ザ・サクセンダを処方しています。

興味のある方、ぜひGLP1.dietをご覧ください。

GLP1サクセンダ・ダイエット:世界標準、日本初:HDC Atlas Clinic https://www.glp1.diet/




2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

運動療法の原則

糖尿病療養指導士ナースKです。今回は運動療法についてお話します。 皆さんの興味は、どれくらいの頻度と強度で運動すれば良いかということでしょう。 性別・年齢・減量目標などが違いますから、一言では難しいです。 ただ、継続することと強度が高いほど、効果があることははっきり しています。 以下は、運動療法プログラムの原則を抜粋しました。 ① ほぼ毎日(週5日以上)実施する。 ② 1日合計30~60分、週1

花粉症と肥満

糖尿病療養指導士ナースKです。今回は花粉症と肥満の関係についてお話しします。新型コロナウイルスのニュースで心配な毎日ですが、花粉症も本格的なシーズンとなり、つらい方も多いかと思います。 花粉症とカゼの合併もありますし、もしかしたら・・・と心配になってしまいます。この季節は、体調がすぐれない、外出したくない、自宅にこもると無駄に食べ過ぎるかも・・・と、悪循環です。せっかく頑張ってきたダイエットを挫折