• clinic94

お酒をとる?ダイエットをとる?

もともと、お酒は飲みません、という女性の方ほど、GLP1ダイエットは成功しやすいようです。目標体重に到達した患者さんたちの多くはお酒は飲んでおらないようでした。それに、、GLP1ダイエットをしていると、お酒の量が減ったと、話される方も多くおられます。おつまみを食べたいから、お酒をのむ方の場合です。そういう場合には、おつまみを食べたくないので、併行して、お酒の量も減るようです。


ですが、これから、忘年会のシーズンにはいっていきます。こういう時期になってくると、

サクセンダで、減量には成功したのだけれど、どうしても、お酒をのむ機会が避けられない、どうしてもお酒をのむ習慣がある、仕事で飲まなくてはいけない、お酒をのむのが仕事の一部、仕事の後のお酒チビチビがたまらなく好き、などなど、様々な理由で、ダイエットが止まって、体重が減らなくなったという相談が、いっきに増えてきました。


確かに、サクセンダを注射しても、おいしいお酒がでてきたら、ワイングラス2杯くらいで、サクセンダ3.0mgを注射していても、食欲抑制がとれてきてしまい、せっかくのGLP1ダイエットが消えてしまうのが、わかります。なんか、注射代、もったいないなー、と思いながら、ついつい商談だったり、接待だったりすると、料理店からだされたものを、食べてしまいます。


こういう時期は、割り切って、サクセンダで横ばいしょうがない、ゼニカルに期待、 接待の翌日は、ゼニカルに助けられてる、、トイレにいって、それでほっとして、体重計にのって、ほっとして、昨夜の接待で増えたカロリーは、帳消しになった、プラマイゼロですんだ、そういう気持ちにしてくれるのも、サクセンダフリーダム、という感じがします。


今夜は接待、絶対、飲むという日は、昼と夕方にゼニカルを服用しておいて、サクセンダは、3.0mgにして、それで、翌日、トイレにいった後、体重計が前日と同じか、+0.5kgの範囲だったら、よしとする。二日酔いなら、そのまま何も食べず、+0.5kgを、夕方までに帳消しにし、-0.5kgにして、夕方までには、前日の体重にもどす。。そのくらいの覚悟が必要のようです。


特に、お酒がのめる体質、具体的には、Aldehyde Dehydrogenase 2 (ALDH2)というアセトアルデヒドの分解効率がいい方(活性型遺伝子多型をもつ人)においては、こうした注意が必要かもしれません。

忘年会シーズン、、、なんとか、乗り切ってみてください!!



最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重