• clinic94

Big Pharma、Big Costs、USAー>料金体系の根拠。

Newsweek 57 2019・10・29日号からの引用です。

なんと、アメリカでは、薬代が高すぎるために、ある時点で処方薬の服用をやめた人が10人に3人もいるとのことです。


カナダにおけるインスリンの価格は、アメリカの10分の1だそうです。

オーストラリアにおけるHIV感染予防薬ツルバダの1か月分の価格は、8ドル。それに対して、アメリカでは、1780ドル。


有名なブランド薬の2014年以降の価格上昇率は60%だそうです。

アメリカでは、インスリン治療費が4年で倍増しています。1型糖尿病患者1人あたり2864ドルだったが、16年には、5705ドル。


ともかく、大手製薬業界は、現在、アメリカ国内では好感度の低い業界。次のアメリカ大統領選の争点にもなりかねない問題だとか。オバマケアが大統領選の争点になったのも、こういう背景があったからでしょう。そして、

ビクトーザが、アメリカでは1本10万円。 インスリンがそうなら、GLP-1受容体作動薬も、同じなのでしょう。

自由診療枠の薬代ではなくて、処方箋薬の薬代で、そうなのですから、保険会社と契約していなければ、薬代だけでパンクしてしまします。


当院は、サクセンダ3.0mgを毎日、注射すれば、6日でなくなります。1本にはいっている量が18mgだからです。6日でなくなれば、30日必要なら、1か月5本が必要になります。アメリカでは、サクセンダ5本で16万円。保険にはいっていると13万円。処方箋薬としても、この価格なんです。。驚きですけど。インスリンがそうなのですから、同じルールなのでしょう。価格は製薬企業と保険会社が決めます。日本のように国が介入しないので、「自由診療価格」を市場原理で売り手が決められるわけなのです。


これをベースに、私たちのサクセンダの金額も5本13万円にさせていただいています。ほんとうに高いと思いますが、アメリカの価格を基準にしておりますし、転売されるのが、最も怖いので、ご了承のほど、よろしくお願いいたします。


PS 抗肥満薬のトップ処方数が、1錠10円もしない、メトフォルミン、というアメリカの事情も、これで理解できますよね。


院長 鈴木吉彦



最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食