• clinic94

美容体重、モデル体重をプレゼントする!

私のクリニックでのGLP1ダイエット外来では、 「健康になるため」 「太っていると身体が重いから」 「痩せない体質になったから」 そうした理由で申し込まれる方々が多いです。


内科医なので、もちろん、疾患予防、未病を治す、そういう目的で来院されたり、オンライン診療を受けたりする場合が多いのは、ありがたいです。


ただ、通常の「ダイエット」という目的であれば、「うつくしくなりたいから」、「素敵な洋服をきたいから」という目的であっても、おかしくはないわけです。その場合、疾患予防でもなく、未病を治すわけでもなく、「現状より、さらに、より優れた体型になりたいから」というのが目的だろうと思います。


そういう目的の違いを、一言でいえば、肥満を改善し標準体重になりたい、というのではなく、標準体重(通常、BMI22)から美容体重(通常、BMI20)になりたい、あるいはモデル体重(通常、BMI18)になりたい、そういう目的であることが多いと言えましょう。


よく考えると、GLP1ダイエットの海外データ、海外で承認されたデータは、すべて肥満者のため(最低でもBMI27以上)のものであり、そうした方々が、GLP1を利用した場合に、どのくらい体重が落ちるかをみたものです。だから美容体重やモデル体重にするためのデータというのは、存在していないといっていいのかもしれません。


だから、美容外科医たちの宣伝は、「海外でも承認されています。海外では痩せるホルモンと言われてます。痩せましょう。」の一点ばりで、それ以上の解説、機序の説明はできない、というのは、納得です。そもそもデータがなく無理だからなのでしょう。


臨床データは存在しないが、美容目的の女性が喜ぶなら、なんでも、という「噂」を拡散する事に、とどまざるをえないわけです。その結果、一部の美容外科医たちは、かなり、やばい宣伝、やばい医療行為をしているようです。


で、、それであれば、きちんとしたデータをもつ「糖尿病専門医」が、逆に「美容外科の世界」に、乗り込んでいくのも、悪いことではないかもしれません。

その境目を明確にするには、新たに外来を構築する、という発想も、有りかもしれません。



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食