• clinic94

SCALE Diabetes:糖尿病における減量治療

GLP1治療は本来、糖尿病治療の薬剤です。ですから、糖尿病において、血糖コントロールに寄与するだけでなく、糖尿病においても体重減少をもたらし、それによって糖尿病の合併症を取り除くというのは、糖尿病専門医なら、誰もが望む治療になるわけです。


そのGLP1治療の本来の姿を、検討した研究がThe SCALE Diabetes スタディと呼びます。


Efficasy of Liraglutide for weight Loss among patients with type 2 diabetes The SCALE diabetes randomized clinical trial JAMA 2015: 314('): 687-699


ビクトーザを2型糖尿病にもちいて、体重減少効果を観察した研究です。

いわゆるRCTと呼ばれる大規模臨床研究で9カ国、126の医療施設で行われ、2011年から2013年にかけて始まり、論文としては、2015年に発表されています。


1361名の参加者を募り、BMIが27以上の対象者は846名でした。18歳以上が条件で、糖尿病薬は、ゼロから3剤までが許容されています。メトフォルミン、チアゾリジン系薬剤、そして、SU剤も、この中に含まれています。HbA1cは7から10%の間でした。


リラグリチド3mg群は、423名。リラグリチド1.8mg群は211名。プラセボ群は212名に割り付けられました。そして、全員に、1日、500キロカロリーの食事制限をすることと、身体的活動を1週間に150分以上行うことが勧められました。


その結果

BaseLine リラグリチド3mg群・体重は105.7kg リラグリチド1.8群は、体重106.5kg プラセボ群は体重106.5kg


体重減少率は リラグリチド3mg群では、6% (6.4kg) リラグリチド1.8mg群では、4.7%(5.0kg) プラセボ群では、2.0%(2.2kg)


5%以上の体重減少に成功した割合は リラグリチド3mg群では、54.3% リラグリチド1.8mg群では、40.4% プラセボ群では、21.4%


10%以上の体重減少に成功した割合は リラグリチド3mg群では、25.2% リラグリチド1.8mg群では15.9% プラセボ群では6.7%


消化器症状が多かったのは、リラグリチド3.0mg、1.8mg供にでした。膵炎の発症はありませんでした。


56週間、つまり、約1年において、リラグリチド、1.8mgまでなら商品名ビクトーザ、3.0mgまでなら商品名サクセンダ、を投与すると、これだけの体重減少効果が期待できます。糖尿病でない場合と比較すると、成績は悪いのですが、それはしかたありません。血糖コントロールが改善すると体重が増える場合があるからです。


いずれにせよ、肥満治療は「内科」の分野、特に糖尿病専門医の分野になったのは間違いありません。


なお、糖尿病がない場合での、サクセンダ3.0mgで、5%以上の体重減少に成功する割合は90%以上です。糖尿病があると、それが、54.3%にまで減るわけですから、糖尿病があるほど、体重は減りにくいという事になります。

糖尿病の書籍を何冊も出版している私が、GLP1ダイエットを行うことについては、何も不思議なことはありません。70冊の出版の経験があります。以下は、そのうちの2冊です。



最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重