• clinic94

糖尿病臨床が優れてくると肥満が増えます。

糖尿病治療が巧みになると、外来にはHbA1cが良好な患者さんだらけになります。

そうなると、糖尿病合併症の予防より肥満治療のほうが優先される時代になりました。

特に、HbA1cが6%台が、ざらにいる糖尿病外来になると、将来、糖尿病の合併症を心配しなくてはいけない患者さんは、急速に減少していきます。めったに、見なくなりました。


逆に、SGLT2阻害剤、といった新薬が普及してきたことにより、 より、問題は複雑になります。


SGLT2阻害剤は、尿に1日400キロカロリーを排出する薬剤ですが、一般人向けには、「抗肥満薬」とは、みなされていません。


それは、なぜでしょう?

製薬メーカーが提出している治験データをよくみると、SGLT2阻害剤が効果を示すのは、HbA1cが7%以上の患者さんが、大きな対象患者になっている時だけ、

という事実に気がつかされます。


つまり、HbA1cが6%台の、比較的、血糖コントロールがよい糖尿病患者さんが、 SGLT2阻害剤という、「新薬」、を服用すると、お腹がすくだけの、肥満薬になってしまう、こともあるのです。


実際、私の外来には、SGLT2阻害剤が発売された以降、HbA1cが6%台の患者さんたちには、肥満者がでることがおこっています。


ですが、血糖コントロール目標を緩めるわけにはいきません。ですから、SGLT2阻害剤は、処方しつづける必要があります。


となると、期待されるのは、GLP1の食欲抑制効果と、どうマッチングさせるか、という点なのです。こういう処方の組み合わせが糖尿病治療のTipsになります。


こうした複雑な計算の上で、GLP1受容体作動薬を処方します。単なる痩せるためだけ、ではないところが、ポイントなんです。


糖尿病の患者さんが痩せるためには、高血糖になるのが一番、てっとり早いのですが、合併症が起こりやすいので、そういうわけにはいかないのです。



最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食