• clinic94

Apple Watch 5. 無理? 発明者だったのに。

Apple Watch 5には、やっぱり血糖値を測定する機能が搭載されていませんでした。残念です。非侵襲的血糖測定器は、かねてからの、糖尿病専門医としては夢でした。実際に研究もしてました。それが、とうとう実現、になったか、と思い期待していました。


実は、その理由は、私が昔、ソニーにいた時に、実際の血糖値が変動する皮膚にあてた時の反射光を測定し、血糖値とともに変動する反射光の周波数をみつけ特許をだした経験(公開日1995年)があるから、です。その当時は、パナソニックが2つくらい、先行特許をだしていて、先陣争いになっていた時代がありました。あれから20年以上、そう考えると昔の特許はきれて、Appleなら特許がきれた技術をふんだんに搭載してくるのか、と思ったからでした。


 以下が、その時の特許です。もし、Apple Watch5が、この特許を利用してくれていたら、さぞかし、私は研究者として、うれしかったと思います。


(19)【発行国】日本国特許庁(JP) (12)【公報種別】公開特許公報(A) (11)【公開番号】特開平7-250826 (43)【公開日】平成7年(1995)10月3日 (54)【発明の名称】血糖値測定装置 (51)【国際特許分類第6版】 A61B 5/14 310 8825-4C 【審査請求】未請求 【請求項の数】7 【出願形態】FD 【全頁数】5 (21)【出願番号】特願平6-69019 (22)【出願日】平成6年(1994)3月14日 (71)【出願人】 【識別番号】000002185 【氏名又は名称】ソニー株式会社 (71)【出願人】 【識別番号】000103493 【氏名又は名称】オータックス株式会社 (72)【発明者】 【氏名】高島 充 (72)【発明者】 【氏名】岸上 純 (72)【発明者】 【氏名】鈴木 吉彦 (72)【発明者】 【氏名】大倉 忠博 (74)【代理人】 【弁理士】 【氏名又は名称】稲本 義雄



最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重