• clinic94

4000万人の愛用薬。入手困難で12月から変更予定。

当院では、GLP1治療と、オルリスタット治療(商品名:ゼニカル)との併用をお勧めしています。比較サイトにもあるように、それを行っているのは、当院だけのようです。では、その2剤を併用するダイエットのメリットを以下にまとめてみます。

なお、卸業者に問い合わせたところ、今、日本ではゼニカルはとても人気で、なかなか入手困難になっているとのことでした。


特徴1 

オルリスタット(商品名:ゼニカル)は膵リパーゼ阻害剤として、GLP1ダイエットとの併用が推奨されている薬剤です。サクセンダ(リラグルチド治療)とゼニカル(オルリスタット)治療は相互に補完しあい、より強力なダイエットが可能になります。GLP1治療では摂取する油脂も減りますから、副作用は軽微で相互作用は強いです。


特徴2:

GLP1ダイエットで起こりやすい便秘をゼニカルは緩和し、より継続がしやすくなります。サクセンダとゼニカルは、国際的ガイドラインにも併用が推奨されている組み合わせです。どちらも、FDAなどの海外での諸国で承認された正当派的な薬物ダイエット治療薬です。


特徴3: 

HDCアトラスクリニックにて、GLP1ダイエットを受けられた方は優先的に、ゼニカルを安価な薬剤費で提供ができます。このコスパが良い方針を勧める独自の治療法は日本初です。1カプセル税込100円は、日本で最も安価で、特別キャンペーンです。


ゼニカルの在庫品がなくなりしだい、2019年12月からは、商品名ゼニカルではなく、商品名オルリスタットをお送りします。それだけ、現在、日本では入手困難になってきているとのことです。


やせれる減量曲線は、驚異的なものです。



以下の国際的ガイドラインでも、併用が推奨されています。



最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食