• clinic94

糖尿病外来でも希望者が増加!

私の外来に通院している糖尿病患者さんの中でもこのブログを読んで、GLP-1受容体作動薬治療を希望される方が急増してきました。


これまでは、「痩せる」という説明をしなかったわけではないのですが、飲み薬では、血糖がさがらないし、どうせ注射なら、「痩せる注射」が手っ取り早いという発想をされる患者さんたちが増えてきたようです。


その意味では、糖尿病の臨床において、かつては、

「注射」 イコール 「インスリン」

だった、みなさんの発想が、


「注射」 イコール 「GLP-1受容体作動薬」

という発想に、変わっていってくれてきたことは私の外来の運用においても大きな変化に変わってきています。


そして、インスリンは確かに太る薬です。GLP1受容体作動薬は痩せる薬です。同じ注射でも、痩せるならやってみよう、そう発想する人が急増してきたようです。


以下の図を参考にしてみたください。明らかに、どちらが太り薬で、どちらが痩せる薬かは、明らかですよね。



最新記事

すべて表示

May God Bless Donald Trump

この講演を聴くと、トランプがいなくなるのは、さみしい気持ちがしないでもないです。 社会の枠組みにとらわれず、独自の思想を元に行動するをアウトサイダーと呼びます。自分の信念を最後まで信じ、時には己の強い信念で他人から攻撃される場合も多いです。トランプ大統領はこの祝辞で、「そのようなアウトサイダーになれ」と言います。 [英語モチベーション] 誰が世界を変えるのか | 2017年度リバティ大学卒業祝辞|

NASHとは

NASHとは、、これを知らないと抗肥満治療が語れないかもしれません。 以下のサイトから引用しますが、ポイントは2点です。 1.予後は良好である事が多いので、たいした問題とは考えられていない。 2.治療法はない。特に、グルカゴンなどの効果も証明されていない。 従って、予後が悪いとされる「原因」さへ見つかれば、GLP1を使って押さえ込まなくても、心配ない病態です。サクセンダで十分だと思いま